PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 28日

定員制のビーチ L'OASI DI BIDDEROSA

c0223843_2295116.jpg
毎日、真夏日が続いているサルデーニャ。観光客のざわめきと共に、私達の住むここエメラルド海岸にもようやく本来の活気が
町全体に戻ってきたような気がする。
先週から、私も何かと忙しく過ごしていて、週末はゆったりのんびりと過ごしたいという切なる思いがあった。

昔、私の友達で医師をしている彼は、私に「いつも仕事で不健康な人を診ているので、休みに日はできるだけ人出の多い賑やかな場所で健康な人たちを見ながら過ごしたい」と言っていた事をなるほどなと深く納得したことを時折思い出しながらも、
私は昔から週末はその彼とは反対でいつもできるだけ人込みの中よりもひっそりと穏やかに過ごせる場所を好んでいたように思う。

夏のポルトチェルボと言えば世界の富が集中することで知られていて、またスノッブさも超一流。
そんな世界は刺激的で楽しい事もあるけれどやっぱり疲れることもたくさんあって、週末だけはできるだけ虚飾で世俗的な世界からはなるべく遠ざかって人間本来のシンプルさに立ち戻ることを信条にしている。
c0223843_4384980.jpg

ちょうどポルトチェルボから100km程離れた場所、オロセイの北から13kmの所に位置する5つのビーチを兼ね備えた
国有森林公園BIDDEROSAがあり、先週末はここで本当にのんびり過ごす事が出来た。

国有森林公園BIDDEROSAには5つの入江の他には2つの沼地があり、湿地の保存に関する国際条約で知られる
ラムサール条約にも登録されており、フラミンゴやアオサギ、鵜、カモメ等さまざまな水棲鳥類が生息していてバードウオッチングも楽しむことも出来る。

860ヘクタールもの面積に広がる公園にはもうかれこれ30年以上も保護されているアレッポマツやカナリーマツなどすばらしい松林が見事に繁茂しているが、その昔1978年以前に起こった大火事では500ヘクタールもの松林が焼失し、続く翌年にも
150ヘクタールの森林が焼失している。
しかしその後も小さな火災はたびたび起こり、森林公園の保護の目的の下、監視員を常設するようになってからは
BIDDEROSAへの入場は有料となり現在は車一台(12ユーロ)+2名(2ユーロ)となっている。
自転車は一台1ユーロ。
(7月21日から8月31日の期間は車一台14ユーロ)
また一日に入場できる車の台数は130台までと制限されている。
故に状況によっては入場を断られる事もある。

このことにより有料で定員制限までされているL'OASI DI BIDDEROSA(オアシス ビッデローザ)に関してはいろいろと
世間では物議を醸し出しているのは事実ではあるけれど、それでもBIDDEROSAの入江の美しさは地中海で美しいビーチの一つに登録されているように毎年、有料で定員制の美しいビーチということでツーリストたちの好奇心と話題を引き付けて止まない
ことは確かのようだ。
c0223843_6161145.jpg
BIDDEROSAの広大なオアシスの中に入るとまるでサルデーニャにいることを忘れるほどいつもと違う風景が待ち受けている。
きれいに整地された走行ロードの道のりにはマウンテンバイクやノルディックウォーキング、またはカヌー・カヤックとさまざまなオリエンテーションが毎年開催されている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-28 06:45 | Baronie
2011年 05月 18日

Moonlight Costa Smeralda

c0223843_7323477.jpg

c0223843_7345864.jpg

c0223843_7363861.jpg


いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-18 07:40 | Costa Smeralda
2011年 05月 17日

ラテンアメリカ文学とラテンアメリカ音楽とキサス

c0223843_2463164.jpg
夏のエメラルド海岸は所々で本当に様々な催し物が行われる。
著名人を招いたりするお金を掛けた大掛かりなパーティーから、内々でそのお店の常連の口コミだけの素朴な手作りのフェスタ等、主催する側の趣旨やスタイルもさまざまで、ここ数年は小じんまりとした収容定員も限られながらもある分野に興味を掘り下げた非常に内容の充実した催し物がうれしいことにかなり増えてきているように思う。
でもこういう小さい規模のフェスタはついつい見逃してしまいがちでもあるので日頃からいろいろな人との交流を交えてながらも
アンテナを張り巡らせる必要があるのもなかなか大変な事。

幸いにも私のドイツ人の親友アレキサンドラはこの手の事の情報入手はお手の物で、つい1週間前もアグリツリーズモ
「La Sasima」で作家ガルシア・マルケスの小説「わが悲しき娼婦たちの思い出」の朗読会と音楽の調べの饗宴があるんだけれど一緒に行かないかと誘われたので二つ返事でお受けした。

ガルシア・マルケスと言えばノーベル文学賞を受賞した作家で長編小説「百年の孤独」は世界各国でベストセラーになり、
ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こしたほど。
ガルシア・マルケスの作品は小説の冒頭に読み手の興味を誘う書き出しで始まり、この読者の読むスピードをどんどんと底上げさせる文章テクニックの魅力に引き込まれてしまった方も多いのではないかと思う。
5月14日の土曜日の夜9時頃から始まった朗読会では老齢の90歳の男性が14歳の少女に恋する物語「わが悲しき娼婦たちの思い出」の数章節が語られる合間にラテンアメリカ音楽も交えながら進行された何とも大人的な最高の饗宴の宵となった。
c0223843_575531.jpg
Agriturismo La Sasima

朗読の饗宴の宵を主催したのは私達がいつも何かといつもお世話になっているアグリツリーズモ「La Sasima」
私のブログ上で時々触れている「STAZZO」はサルデーニャ島の北東地域ガルーラ地方の古くから伝わる伝統建築様式で昔から地元の牧畜や農業に携わる人々が住んでいた長方形に横長い居住形態で現在はアグリツリーズモやアーティストたちの
アトリエ、アンティークショップや様々な形で利用され年々話題を呼んでいる。

私達もエメラルド海岸に滞在されている方には必ずお薦めしているアグリツリーズモ「La Sasima」
「La Sasima」とはサルデーニャの沿岸地方ではよく見られるクロウメドキ科クロウメドキ属のイソノキの落葉小高木のことをこちらの地域の方言で「La Sasima」ということからに由来する。
「La Sasima」は「STAZZO」を非常に洗練されたスタイルで内装の隅々まで手が施されていて、エメラルド海岸に毎年滞在される社交族も滞在期間中の昼食や夕食には必ず「La Sasima」を利用されるほどポルトチェルボの人々からも愛されている有名なアグリツリーズモ。
そしてエメラルド海岸の近くのアグリツリーズモとだけあって、ハイシーズンの7,8月は「STAZZO」の中のレストランに占めるいい男といい女の占める割合の比率が非常に高くなることで有名で、私もあのSuperyachtを所有している有名なオーナーと何度も「La Sasima」で出くわしているほど。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-17 09:40 | Gallura
2011年 05月 14日

エクスクルーシヴな孤島を求めて

c0223843_18284939.jpg
L'Hotel Cala di Volpeの玄関先 

このところ毎日良いお天気が続いていて本当に気持ちがいい。
毎朝日課にしている私の愛犬を連れてのカーラ・ディ・ヴォルペビーチまでの散歩も日差しが急激に強くなったので散歩用の
ウエアーもしっかり夏仕立てに切り替えてスポーツウエアーと言えどもシューズやキャップ、トップスにボトムまでのコーディネート合せもわたしの毎朝の楽しみで、サルデーニャの強く照り付ける日差しはおよそ晩春の頃まで衣類に覆われていて突如として
露出した肌には少し刺激的ではあるけれどそれでも時よりその日差しを遮るように吹き付けるサルデーニャ特有の少しひんやりした北西からの風が草木のそよぎと共に肌に何ともいえない爽快感を運んでくれて反って心地いいし、少しこんがりと焼けた肌が
これから向かう夏に向けてやっぱり待ち遠しいのである。

毎朝通り過ぎるL'Hotel Cala di Volpeの玄関先にもイタリアの国旗、サルデーニャ州の州旗、スターウッドリゾートグループの旗がはためくようになると毎年ゲストへのお出迎えが完全に準備万端であることを示している。
c0223843_22405621.jpg
L'Hotel Cala di Volpe

私はこの5,6月の時期のゆったりとした時間の流れ方が殊に好きで、7,8月のような喧騒も無く、天候も穏やかで、海の透明度も7,8月に比べると格段に上だし、何よりもエメラルド海岸で働く側もこの時期は限られたお客様に対してゆったりと余裕を持ちながら客との対話を大切にし、出迎える側も訪れた側もよりリラックスしているようになんだか見受けられるのである。
c0223843_232509.jpg
4月の末頃からCala di Volpe湾に係留しているSuperyacht。他にも5月にはいってからすでに4隻のSuperyachtを見かけているほど今ではポルトチェルボのちょっとした風物詩とまでになっている。
因みにこのSuperyachtは1999年にドイツの造船所Amelsで建造されたオーストラリアのテレビ界の大物ブロデューサー
Reg Grundy(レッグ・グランディ)所有のヨットでしたが2009年にオーナーは変わって現在はあの有名なフランスの実業家・政治家・俳優・元アディダスの所有者、フランスのサッカー1部リーグ オリンピック・マルセイユの元会長などたくさんの肩書きを持つあのBernard Tapie(ベルナール・タピ)氏のものです。
グランディ氏所有の頃のヨットの名前は"Boadicea"(ブーディッカ イケニ族の女王)という名前でしたが、タピ氏になってからは"REBORN"(再生、生まれ変わった)という名前に変わり、以前にサッカーの八百長試合や脱税疑惑でサッカー界から追放されたりと何かとお騒がせなタピ氏、本当にこの名前のように生まれ変わったのでしょうかね(笑)。

このヨットはAmels社の職人の意匠が注ぎ込まれていると云われたほどの美しいヨットと言われていました。外装・内装デザイナーはあのTerence Disdale
そして2010年にタピ氏は新たに外装・内装ともに少し変更されている。

とにもかくもサルデーニャはたとえばフランスのコートダジュールのように陸続きになっているわけではなく、完全なイタリアの離島なのでこの島に着くためには飛行機か船の利用なくしては到着することができないことから、これがサルデーニャのエメラルド海岸でのリゾートがよりエクスクルーシヴと云われる所以なのである。
もちろん富豪たちの中には自家用ジェット機や大型ヨットで訪れたりする人もたくさんいて、このように交通の不便さが伴う孤島に大自然を求めるリゾートのスタイルはもう何十年も前からヨーロッパの社交族の間ではよりクールだと言われ、今も彼等は絶えず新たな秘境の地パラダイスを求めて続けている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-14 06:44 | Costa Smeralda
2011年 05月 10日

Gianni Pedrinelli

c0223843_0525356.jpg
毎年のことだけれど4月のパスクワ休暇が過ぎた頃から毎年家の中央のリビングの窓際から目にするようになるSuperyachtの存在はある意味ポルトチェルボの人々にとっては一番大切な時期がすでに始まっていることを意味している。

私の夫家族はこのエメラルド海岸の設立から長年建築家として携わってきているが、建築家の仕事は不動産会社とのパートナーシップも常に欠かすことができない。
というのもあるクライアントが不動産を通してヴィラを購入して増改築する場合、クライアントの専属の建築家を用いるのか、またはエメラルド海岸スタイルのヴィラの写真集などを見るなりしてこの土地の主要な建築家の中から選ぶ事が通常であるが、たいていは不動産会社のアドバイスを通してどの建築家を用いるのかが決るので日頃から建築家も不動産会社で働く人々とのコミニュケーションが非常に大切になってくる。

通常、エメラルド海岸の経済の中心は観光事業であるが、次いで不動産事業もエメラルド海岸の経済を支える上でたいへん大きなシェアを占めているのは言うまでもない。
故に不動産業界に携わる人たちにとって毎年5月と6月と9月は非常に大切な時期なのである。
特に5月、6月のこの時期は彼らにとって潜在顧客がヴィラを購入するにあたりいろいろと不動産会社と共に物件を見て周りながらヴィラ購入まで持っていかなければならない時期なのである。
もちろんヴィラを賃貸したいクライアントも実際にこの時期に数週間訪れて今年のバカンスの滞在先を皆決めて行くのである。

エメラルド海岸域においての不動産業界は本当に競争率も激しく、30~50億クラスのヴィラの売買やヴィラの賃貸の商談が成立した場合はその不動産エージェントはしばらくは安泰といわれるほどにとんでもないお金が舞い込んでくる事でもよく知られている。
c0223843_3194468.jpg

そういうことから特に毎年5月6月はかなり富豪な方をお見かけする。またすでに昔からこのエメラルド海岸にヴィラや大型ヨットやクルーザーをマリーナに所有していて2,3週間この時期に優雅にバカンスを過ごしに来るような本当の意味でのクラス社会に属している方々もいて、5月6月のエメラルド海岸の雰囲気は7,8月とはまたちょっと違うハイソで大人の洗練された雰囲気が漂っているのである。

実際に私達もこの時期は連日のようにビジネスランチやビジネスディナーまたは久しぶりにちょっとしたバカンスで今ポルトチェルボに戻ってきている友達たちとも外に一緒に食事に出かける機会も多く、訪れたレストラン等で客層などを客観的に眺めてみてもまさにそこは洗練された大人の領域で占有されていてたいへん興味深いのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-10 20:47 | Costa Smeralda