PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 24日

Happy Aging

c0223843_2574281.jpg
ローマから戻り、サルデーニャでの海辺の生活がまた始まった。
私達が戻ってからのサルデーニャ北東の海岸線地域はこのところ比較的にお天気に恵まれている日が多くて、数日前まで暖炉の前で暖を取っていたのがいつの間にかリビングから入る太陽の緩やかな日差しに誘われて窓際で過ごす時間がすっかり多くなった。
一日の日の暮れ方も少しずつだけれど遅くなっていて、道端の可憐な草花からも確実に春が近づいている事を感じる日々である。

そういえば今回のローマ滞在中には友人たちの家に呼ばれながらもたくさんのすてきな出会いがあった。
そんな中、外面的にも内面的にもステキに歳を重ねられている人々とたくさん知り合いになったことが相当私を刺激した。
私もいつの間にか歳を重ねて来て、歳を取るという事柄にそろそろ真っ向から向き合っていかなければいけない年代になってきたように思う。
そのためか自分と同世代や、年上でステキな男性や女性と知り合いになるととても刺激になる。
今回はとりわけ2人の女性の存在が特に私の心を射止めた。
一人は55歳で離婚して一人息子がいるけれど、彼女はたった一人で事業を始めて今本当に軌道に乗っていて、年下の彼氏も出来てとても順風満帆な様子だった。
もう一人は65歳で彼女もやはり離婚していて、今は作家として大活躍しているという女性だった。
2人とも年齢を感じさせないとても魅力的な女性で、経済的にも精神的にもとても自立していて、決して男性に媚びる様な女性たちではなかった。

私は小さい頃から、いつも大人になることに強い憧れを抱いているような子供だった。
それは20代を過ぎても30代になるのが楽しみだったし、30代を過ぎてもすてきな40代を過ごす為にはといつも考えている程だった。
そして40代を過ぎて50代に近づいてくるような年代になった今でも歳を重ねる事にあまり拒否感を感じた事はない。
そればかりか私の周りにはいつも昔から素敵に歳を重ねて来られた人々がたくさんいて、自分も素敵に歳を重ねられるようにと彼らからたくさんの希望と刺激を頂いてきたように思う。



c0223843_653878.png
Elle Macpherson(エル・マクファーソン)

私が昔からなんとなく気になる女性の一人にシドニー出身のトップモデル、女優として活躍した後、現在は女性実業家としての活躍が目覚ましいElle Macphersonがいる。
自分とほぼ同じ世代と言う事もあるだろうけれど、海辺の彼女や、ジョギングしている彼女の姿にはとても親近感が沸いてくるのである。
c0223843_6261319.jpg

c0223843_626556.jpg

c0223843_6272020.jpg

彼女の体つきから体をしっかり鍛えている事が一目瞭然である。
ある程度の年齢になってくると体の衰えは避けられないので、どうしても体に付加を与えて鍛えていかないとどんどんと体は退化していく。
c0223843_6534829.jpg
私ももう何年も続けているジョギングだけれど、ダンベルでのトレーニングは暫くサボっていたので、今回ローマで知り合った2人のステキな女性たちもジョギングとダンベルで体形を維持していると言うことだったので、私も今年1月23日の今年最初の新月の日からまたトレーニングを再開した。
c0223843_735271.jpg
ステキに自分の納得のいくように歳を重ねていく事はやっぱり自分次第だし、若い頃と違って多少の努力も要するけれど、それで自分が幸せなら、やっぱりハッピー・エイジングと言っていいだろう。

Elle Macphersonといえば、その昔、ビリー・ジョエルとお付き合いされていた事でも有名ですが、ビリー・ジョエルの70,80年代を風靡した彼のバラードの中でも特に好きなのがこの曲でした。


She's Always a Woman



いつも訪問ありがとう。

by portocervo1962 | 2012-01-24 07:44 | A proposito di me


<< 朝凪      HOME >>