PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 20日

HOME

c0223843_2216788.jpg
今回のローマの滞在時にはほとんど友達や知人の家に招かれて過ごしていたので、おかげでいろいろなお宅を拝見することが出来た。
よく一般に服装はその人となりを表すなんて言われ方もしているけれど、じゃあ家はその人、その人たちの人生をやっぱり映し出しているのだろうと思う。

年代によっても違うだろうけれど、子供達がようやく巣立っていって夫婦2人で第2の人生を楽しんでいる友、子供達の受験やその後の進路で頭を悩ませている友、離婚して実家に子供と一緒に戻っている友、子連れの再婚同士で家庭内がなんとなくぎくしゃくしている友、お互いがバツイチ同士で現在は事実婚をしながら事業を一緒に始めた友、2人目のご主人が3ヶ月前に亡くなられて未亡人となってしまった友、以前の恋人に浮気されてようやく傷心も癒え、新しい恋人が出来たけれど、相手に本当に愛されているのか不安でしょうがない友等、本当にいろいろな境遇の人たちがいて、家の内部もフォトフレームや家族から代々受け継がれてきた絵画や調度品、旅先で買い求めたというオブジェや散乱する子供のオモチャまでもからもその人たちの人生の断片がいろいろ垣間見えるようである。

ローマからサルデーニャの家に戻ってきて、何週間も空き家だった石造りの家は案の定冷え切っていて、すぐに暖炉に薪を燃やし、ヒーターをつけて2,3日過ごしているうちにようやく本来の家の室温に戻った。
旅先から帰ってくると我が家はやっぱりいいものだと誰もが実感するのはきっと同じだろう。

やはり住み慣れた家は快適である。自分達の都合のいいように整理・整備されているし、自分達の心地良い空間を作り上げているのだから当然である。






c0223843_326711.jpg
建築家はクライアントの意向を伺いながら設計して家を造って行く。
そしてその後の家作りはその家に住む人々が行っていく。それは自分達の人生を築いていくように。

訪れた家の中には、不思議と居心地の良い家があって、こっそりと時間を確認するのを忘れてしまったほどである。
そういう家は聞いてみるとやっぱり常日頃からたくさんの人が出入りしているのである。

今年は昨年よりももっとたくさん人を家に呼んでくつろいでもらおうと思う。
今、家作りが本当に楽しいのである。


To Build A Home



いつも訪問ありがとう。

by portocervo1962 | 2012-01-20 03:31 | A proposito di me


<< Happy Aging      ローマの休日と私の2012年 >>