PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 14日

S'Archittu サルキットゥ

c0223843_18214013.jpg
S'Archittu サルキットゥ

サルデーニャ島で今までに映画のロケ地として使われた場所を挙げたらいったいどれくらいあるのだろうか。
サルデーニャ島の沿岸沿いをはじめ内陸地にしても、舞台の一つの見せ場を作る絵コンテ通りに背景を完璧に描くのに相応しく、作り手のインスピレーションをこれほどまでに掻き立てる舞台を提供してくれる場所も少ないのではなかろうかと思う。
私もサルデーニャの全域とまではいかないけれど、いろいろと今までにサルデーニャを見て廻って思うことは本当に遠近画法のような風景があちらこちらに点在していて、この島の魅力にどんどん惹きつけられていくのである。

サルデーニャのこの険しく厳かな雄大な自然は本物の野生が作り出した美しさそのもので、それは人工的に作られた美しさでは到底太刀打ちできないほどに、大自然に抱かれるとはまさにこういうことなんだと時には険しい場所にも分け入りながらも自分の体と五感がそれを感じて教えてくれる。

以前から雑誌で石灰岩の長年の侵食作用で生じたこの見事なアーチのS'Archittu サルキットゥの写真を見ながら、いずれかは訪れてみたいと思っていて先日ようやく念願が叶った。




c0223843_17572127.jpg
先日のBOSAからさらに南下すること35km。
沿岸線沿いのごく小さな村にも関わらず、この高さ15mにも及ぶ白い石灰岩の長年の侵食作用で生じたアーチを一目見ようと毎夏たくさんのツーリストたちが訪れる今や知る人ぞ知る観光地である。
今までに数知れない映画の中の1シーンで使われた場所だけあって、何ともスケールの大きい自然装置の舞台が少し入り組んだ入江から突き出すように蒼然とした海に佇む様子はまさに壮観である。
c0223843_1194542.jpg

c0223843_1202340.jpg

c0223843_1211652.jpg

もともとは地元の人々が昔からこの石灰岩で出来た高さ15mほどあるアーチを活かしてダイビングをして遊んでいたのが、それが海水浴客の間にもこのダイビング競技がじわじわと広まり、2001年には世界のダイビング競技の舞台として
このS'Archittu サルキットゥが選ばれて2001年以降からは毎夏世界中の観光客からますます注目を浴びようになり、現在S'Archittu サルキットゥ観光事業の業績はうなぎ上りに伸びているそうだ。
c0223843_13236.jpg

訪れた日はちょうどおだやかなべた凪の日ではあったけれど、位置的には北西からのミストラルを直下に受ける海岸線沿いなので、通常はこの界隈はサーフィンを楽しむ人々から非常に親しまれている。
c0223843_1362589.jpg

サルデーニャはどこの海辺であろうとも、太陽が照りつけほどの天気の良い日であれば水着になって日光浴に勤しむ人々の姿が必ず海辺にあって、そういう光景を眺めるたびに、こういうことってやっぱり地元に住む人々の特権なのだろうといつも微笑ましくなってくる。
c0223843_1425338.jpg

やっぱりもう一度春先から初夏にかけての時期の好天の日に再訪して、真っ青な空に照りつける太陽とコバルトブルーの海に抱かれながらこの石灰岩のアーチの下を是非カヌーで潜り抜けて見たいと思わせるほどダイナミックな場所なのでした(笑)。



いつも訪問ありがとう。

by portocervo1962 | 2011-12-14 02:21 | Montiferru


<< Badde Salighes ...      さざなみ >>