PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 13日

Vandalism 破壊行為

c0223843_16542498.jpg
上の写真は1962年のエメラルド海岸の創設を記念して、ちょうどエメラルド海岸の入り口付近におよそ50年近くも君臨している有名な石塔。「ようこそ、いらっしゃいませコスタ・ズメラルダへ」という意味合いもあり、エメラルド海岸の入り口をも示しているわけで、この石塔を背景に50年間たくさんの人々が記念撮影を楽しむ場所として今では有名な観光スポットでもある。

皆さんはエメラルド海岸というとどんな印象を持っていらっしゃいますか。
エメラルド海岸にヴィラを自身や友達が所有していたり、有名なホテルもしくはレジデンスやB&Bに数週間すでに滞在したりした方でしたら、海や町並みの美しさは別として、真っ先に感じる事がやっぱりイタリアの主要な都市に比べて物価が異常に高いということを感じるのが一番多いのだと思います。

エメラルド海岸の滞在費用は異常に高くつくことはヨーロッパの人々の間ではすでによく知られていることですが、初めて憧れていたエメラルド海岸に訪れたはいいけれど、何処に行っても不法に高い料金に憤慨し、良いサービスが受けられなかった、食事もたいしておいしくなかったとの声もよく聞きます。
そしてこれらの意見に敢えて私は否定もしません。
実際にエメラルド海岸以外のサルデーニャの他の地域の方がよっぽど適切な料金で海の幸や郷土料理もおいしいし、サルデーニャ人のホスピタリティの良さは言うまでもありませんが物価も納得の出来る範囲で成り立っています。

90年代後半、創設者のアガ・ハーン4世がエメラルド海岸を手放してからは、ニューリッチと言われる新しい世代の富豪達が挙って訪れるようになりました。それからはエメラルド海岸という名前が一つのビジネスの商法に利用され、エメラルド海岸だから高くて当たり前的な感覚で、ホテルやレストラン、クラブ、バール、スパ、美容院、スーパーと何処も軒並みに価格を便乗値上げするようになりました。

超豪華なメガヨットに有名なナイトスポットで一晩で1千万以上落としていく富豪たちなど、この手の事例は枚挙に遑がないほどですが、巷では「不法に得た世界の汚いお金を流通させているのがポルトチェルボ」だという人もいます。
実際にそういう人々がいるのも事実ですが、すべての人がというわけではありません。
こういう現象に古くから通い詰める健全な社交族たちが心を痛めているのも事実なのです。

初めて訪れて良いイメージを抱かなかった人々は残念ながら一度訪れたからもう十分だと思うのが当然でしょう。
でも私の周りの友達や知り合いの間では、彼らのまたその友達がエメラルド海岸をはじめサルデーニャに嵌って、毎年エメラルド海岸に訪れている人々がたくさんいます。またそういう彼等はお金の遣い方も非常に上手です。
あと、よく熟知している常連の友人などを介して優遇待遇を受けるというのは世界のいかなる場所でも同じ事が言えるのだと思います。

さて、2011年の夏の出来事で私が未だに記憶に残っている事があります。これはサルデーニャの地方紙にも取り上げられた出来事です。



c0223843_20423435.jpg


"COSTA SMERALDA"はご存知のようにエメラルド海岸という意味ですが、イタリア語ではCOSTAREはお金がかかる、費用が掛かるという意味の動詞をも表し、この場合"COSTA TROPPO"(費用がかかりすぎる、高すぎる)という意味になります。
SMERALDAの言葉の部分をTROPPOに置き換えるなんて、なかなか上手いなあと不謹慎ですけれど私は一笑してしまいました。

でもこういう伝統的建造物を汚すことは、やはり良くないことだと思います。

これは8月の28日に起きた出来事ですが、翌日には石塔は綺麗になっていました。
これを書いた人はよっぽど良い思いをしなかったのでしょうか。

ある意味では的を得ているだけにこの写真すごい反響で、ネット上でもかなり回覧されていたのですよ。



いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-13 21:33 | Costa Smeralda


<< Il centro stori...      夕暮れの散歩 Long Beach >>