PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 20日

Rolex Veteran Big Boat Rally 2011

c0223843_2032297.jpg
Rolex Veteran Big Boat Rally 2011

今シーズンの自分の仕事納めの重要な週と大好きな友達が皆ロンドンやニューヨーク、ミラノ、ローマ等に向けて帰る前に最後に是非一緒に食事を取ろうということが毎日重ね重ねになり、非常に慌しい日々を過ごすことを強いられた状況の上に、さらには
ローマからとパドヴァからそれぞれにまた別の友達がポルトチェルボに1週間ほどのプチバカンスで到着したということもあり、これに追い討ちをかけるほどの怒涛の忙しさの週を送っていた。

先週の週始めにはヴィンテージ・ヨットのヨットレースRolex Veteran Big Boat Rally 2011が4日間行われていたが、2007年に開催されていたレースの規模に比べると今年は6艇だけのエントリーとなんとも物寂しいまるで出端を挫かれたような
Rolex Veteran Big Boat Rally 2011となってしまった。

通常こういうクラシックヨットのレースのエントリーの規定としては木造か金属で建造されたヨットであることが前提で、1950年以前に建造されたヨットが以前のレースでは毎回多数エントリーされていたのに、今年はビンテージが4艇、レプリカが2艇というなんとも乏しい内容だった。

エントリーリストの内訳としてはヨットクラブ・コスタズメラルダの主のCroce del Sud(1933年建造、42m)、
Mariette(1915年建造、38m)、Moonbeam Ⅳ(1914年建造、35m)、Veronique(1907年建造、19m)、Elena(1911年のレプリカ2000年建造、55m)、Eleonora(1910年のレプリカ2000年建造Elenaの姉妹艇)、50m)の6艇でレースが開催された。



c0223843_23294392.jpg
Mariette(1915年建造、38m)

Marietteはクラシックヨットレースではすでに御馴染みのNathanael G Herreshoff(1848-1938)(ナサニエル・G・ハルショフ)によって設計された109ftのスクーナー船で船体が深い紺色をしているのでヨットレース最中でも遠距離からでも簡単に見分ける事が出来る。
c0223843_2339224.jpg
Mariette
c0223843_23434787.jpg
Moonbeam Ⅳ(1914年建造、35m)

Moonbeam Ⅳは1914年にスコットランドの有名な造船・設計士William Fife III (1857–1944)(ウィリアムファイフIII 世)によって設計された1本マストのカッター。
またウィリアムファイフIII 世はアメリカスカップで数々の防衛艇を手掛けている。
Moonbeam Ⅳが一番話題になったのがモナコ大公レーニエ3世とグレース・ケリーのハネムーンヨットとして使用されたことがよく知られている。
c0223843_021054.jpg
Elena(1911年のレプリカ2000年建造、55m)

Elenaは1910年のNathanael G Herreshoffが設計した元の図面を使用して復元され再建された見事なレプリカである。長さも55mと今回のエントリーの中で一番大きい。
レプリカと言えども1910年に建造されたモデルは1928年のキングスカップ大西洋横断レースの勝利を収め、名だたるオーナーとしてはアメリカ合衆国フロリダ州クリアウォーターにあるモートンプラント病院の創設者のMorton Freeman Plant (モートン・フリーマン・プラント)や海運業から身を起こし、その後鉄道王とまでになったことで知られるアメリカのあの超著名な実業家Cornelius Vanderbilt (1794 –1877)コーネリアス・ヴァンダービルト等が挙げられる。
初代のオーナー、モートン・プラントは最も美しくて速いヨットをハルショフにオーダーしたという話は有名だけれど、レプリカは決してヴィンテージ・ヨットではないにしても実際真近で見てしまった途端、これがやっぱりものすごくエレガントでこうして長い歴史を塗り替えながらヴィンテージ・ヨットの世界は永遠なのだと思わされた次第なのである。
c0223843_1134430.jpg
Veronique(1907年建造、19m)

今回のレースで一番古いヨットVeronique
c0223843_1213454.jpg
Croce del Sud(1933年建造、42m)

やっぱり3本マストのスクーナー艇美しすぎる。毎晩、仕事が終わってから鑑賞しに行ったほど。

で、レースの結果はと言うと、すでに皆さん予想通りに、
MarietteMoonbeam ⅣElenaという順位であっけなく終わりました。
でも夜、レースを終えたマリーナに停泊しているビンテージ・ヨットを眺めていて、すぐ真隣にヴィンテージ・ヨットよりも遥かに価格が上回る超豪華で巨大なモーターメガヨットが佇んでいたけれど、長い歴史を積み重ねてきたヴィンテージヨットにやっぱり軍配を上げたいほどヴィンテージ・ヨットは誇らしく凛として優雅な佇まいでした。
c0223843_1431816.jpg
Mariette

白秋の季節を迎えた頃の海を見ているといつもヘミングウェイを思い出す。
そしてアーネスト・ヘミングウェイの世界に魅了されたMELODY GARDOT (メロディ・ガルドー)が奏でる叙情的な詩節と
穏やかな音律と彼女のしっとりとハスキーな歌声が絡み合う曲はすでに夏の終わりを告げていた。


Melody Gardot - Deep Within the Corners of My Mind




いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2011-09-20 04:31 | Costa Smeralda


<< 南十字星 Croce del Sud      エメラルド海岸とVintage... >>