PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 10日

オロセイ Centro Storico と Marina di Orosei

c0223843_5265378.jpg

オロセイはサルデーニャ島の東中央部に三日月の形のように入り組んでいるオロセイ湾の上に垂直に切り立つ長さ15kmと続く厳しい傾斜を成す海面から豊かな平野が広がる領域に在する町である。
中世サルデーニャのジュディカート時代にはガルーラ独立国の支配の後、12世紀に入るとピサ商人の支配と影響を大きく受けながらオロセイの町は大きな発展を遂げる中で、現在でもピサ商人たちの築いた歴史の名残が町の旧市街地に色濃く残されている。

しかしピサ商人の後にスペインはアラゴン連合王国の猛威が振るわれる時期に入ると、オロセイの集落はマラリアの蔓延とアラブの海賊達からの幾度とない襲撃に襲われるようになり、オロセイの町は徐々に衰退の一途を辿って行くようになる。

海岸平野という立地から海賊達から侵入されやすい海辺に近い集落に住む人々の恐怖と不安はオロセイの町中に所狭しと犇めき合うように林立している17もの教会の存在からもたくさんの巡礼者が巡拝し信仰を深め、恩寵に預かろうとしながら当時の人々の思いは海賊達からの襲撃の終焉を願って止まなかったのだろう。

実際にオロセイには町の至る所で教会を目にする。
c0223843_8294462.jpg
Chiesa delle Anime アニメ教会
c0223843_17481917.jpg
San Giacomo教区教会とRosario教会

またオロセイの経済の中心は農業と海水浴観光事業とそして大理石の採掘と加工・半加工産業でよく知られているが、実は今年に入ってからサルデーニャの石の採掘の業界がまた新たな復活の兆しを見せ始めており、ガルーラ地方の花崗岩やオロセイの大理石にしても石のクオリティーの高さが再び見直され、世界的な市場の拡大と拡販が経済に活気を取り戻してきている。
因みにオロセイの大理石の活用で知られているところでは、パリのシャルル・ドゴール空港、ギャラリーラファイエット、カリブ海はサントドミンゴのラス・アメリカス国際空港、ミラノのSan Raffaele病院、グッチのブティックの内装の大理石は全てオロセイの大理石が使用されている。
c0223843_2029720.jpg

オロセイの町を散策して思ったことは本当にいろいろな民族からの侵入を度々受けてきた影響が教会や古い領主の豪華な館にしても旧市街地のあらゆる建物のディティールに保存良く残されており、白く輝く石灰岩や黒灰色の玄武岩、高貴で気品ある大理石も全てオロセイの町を示す素材であり、中世の時代に大発展を遂げたその当時の町並みの様子が今もオロセイの人々の守り継いでいこうという意気込みによって見事に修復、保存されていて海辺に近い中世の町並みへの寄り道はあっという間に時間が過ぎていった。



c0223843_21334842.jpg
オロセイで特徴だって目を引くのがピサ支配の時代に建てられたグエルフィ(ゲルフ)の峡間胸壁の塔Sant'Antonio(サント・アントニオ)。でも入り口のポルターユは完全なスペインの様式が使用されているのがオロセイの町並みの所々で見受けられていて興味深いところ。
c0223843_2355969.jpg
Torre di Sant'Antonio(サント・アントニオの塔)

サント・アントニオの塔の向かいにはSant'Antonio Abate(サント・アントニオ・アバーテ)教会が在しており、ここの教会のフレスコ画は必見。私達が訪れたときは残念ながら教会は閉まっていたので再訪を望むところ。
c0223843_23292745.jpg
Sant'Antonio Abate(サント・アントニオ・アバーテ)教会
c0223843_23344290.jpg
そしてサント・アントニオの塔の脇に長屋のような建物はCumbessias(クンベシャス)と呼ばれる中世の時代には町で祭礼が何日間もかけて催されると巡礼者をはじめ、たくさんの信者がCumbessiasに寝泊りして修道院のような役割を果たしていた。
c0223843_23373640.jpg

c0223843_1164188.jpg
Sa preione Vezza(prigione vecchia)

そしてこちらも建物の様式からおそらくピサの時代に建造されたと推定されるSa preione Vezza(prigione vecchia)直訳すると古い刑務所。中世の頃には裁判に関する公判などもこの城内で執行されていた。
c0223843_0141597.jpg

オロセイの旧市街地でよく見かけた標識Casa padronale中世の時代には領主として権力を握っていた富の象徴が垣間見えて、こういうお屋敷の外観だけでも当時の様子が偲ばれる。
c0223843_031270.jpg

スペインの影響を受けたお屋敷に華族の紋章。
c0223843_03455.jpg

外壁の石灰岩の白塗りが青空を背景に太陽の日差しを受けてさらに美しく見えた。
c0223843_0412639.jpg

こちらのお屋敷は玄武岩の外壁にやはりディティールはスペインの様式が取り入れられている。
c0223843_0453754.jpg

窓枠を飾るフリーズは典型的なスペインスタイル。またオロセイの町中には所々にポーチ(ポルティコ)が見られて、本当に感心するぐらいにうまく修復されて保存されていた。
c0223843_184733.jpg
屋敷の玄関を飾る扉もスペインやサルデーニャ様式と様々。
c0223843_1223764.jpg
実は今回私がタイミングが会えば一度是非訪れてみたかった中世の時代、南バロニアの地区を支配していた貴族の館Guiso家のお屋敷のそれはすばらしい博物館があるのだけれど、この日はインフォメーション通りに行くと開館しているはずなのに閉まっていて、まあこういうところはサルデーニャで観光する場合根気勝負が至る所で問われる。

もう何度も訪れているオロセイのビーチ。
c0223843_1482162.jpg
オロセイの15kmもに及ぶ海岸線には急な傾斜が備わっていてこの傾斜に沿って体を横たわらせる人がたくさんいる。私もそのうちの一人で、波打ち際で波の打ち返しを受けるのがたまらなく心地良い。
ビーチの幅も30mと広大で、ビーチの背後には何の障害物も無いので空もより高く感じて、より開放感がある。
c0223843_159114.jpg
オロセイの大理石のブロックが無数に無造作にビーチの脇に置かれているのもすごいところ。


気取りが無くてのびのびと出来るオロセイのビーチと中世の町並みの宝庫オロセイ、是非お勧めです。



いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2011-06-10 02:28 | Baronie


<< The perfect sle...      Festa di Santa ... >>