PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 14日

Spiaggia di Berchida

c0223843_42245100.jpg
Spiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)

現在、私の夫の幼馴染で兄弟同然のように育ってきた大親友のがポルトチェルボに数週間の予定で滞在している。
はエメラルド海岸の創始者のメンバーの一人メンタスティの孫である。
エメラルド海岸というとまずアガ・ハーン4世の名が先に挙がってくるが、ポルトチェルボの人々の間ではアガ・ハーン4世
同様にまたメンタスティ一族もエメラルド海岸の発展において重要な役割を果たしたことでよく知られている。

私の夫やにしても、彼らの過ごした幼少から思春期の時期のサルデーニャはまだもうもうと砂埃が立ち込めるような舗装されていないでこぼこな道も多く、粗削りで雄大なサルデーニャの自然が巨大な建造物で視界を遮ぎられるようなこともなく、遥か彼方まで広がる荒野はまるでFar Westのフロンティアのような極西部の辺境の地のイメージをそのままにまだ残していた。

好奇心旺盛な少年だった彼らにとってはサルデーニャのこの豊かな自然が宿る未開拓の土地はさぞかし最高の子供の遊戯場になっていたことはきっとまちがいないのだろう。

先週、食事中に彼等からふと、今はサルデーニャのどこのビーチも人が溢れてすっかり観光地化されてしまったけれど、
エメラルド海岸から少し南に車を走らせれば、まるで35年前のエメラルド海岸を少し彷彿させるようなビーチがまだ一つ残されている事を聞いた。
c0223843_17321740.jpg
エメラルド海岸の玄関口オルビアから南のSiniscolaに向かって国道125号線に車を走らせ、Berchida(ベルキダ)の
Cantoniera(保線道路・河川監視員の家)を左に折れて、さらに4kmの少し凹凸の激しい道のりの先には、
途中穴ぼこだらけの路面に出会う事もあるが、幅50m、長さは地平線上に広大な拡がりを見せる平坦で美しい海岸線が
どこまでも続くSpiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)が待ち受けている。





c0223843_19281193.jpg
平坦でまっすぐな4kmの道のりの途中には、先史時代の石造建造物ヌラーゲの集落Conca UmosaPaule è Luca
Rempellosに訪れる事も出来る。
ポツンとアグリツリーズモを営む農場経営の家が存在するだけで後は長閑で広大な田園風景がエメラルド色に輝く海岸線まで続く。

ちょうど私達が先週訪れた時も地中海原産のマメ科の花木、するどい棘を持つエニシダが黄金色にあたり一面に咲き乱れていた。
c0223843_2049726.jpg

エニシダ金雀枝、英語だとSPINY BROOM、イタリア語だとGINESTRA(ジネストラ)。
花言葉は謙遜、卑下、恋の苦しみ
c0223843_2153580.jpg
砂浜を取り囲むように鮮やかに咲き乱れるジネストラ
c0223843_21223133.jpg
実はこの辺り一帯は1980年の後に起こった火災の前までは豊かな松林に覆われていた地域だった。そしてサルデーニャの他のビーチにもあるような見事な河川も兼ね備えており、小さな沼には家畜たちの姿もときどき垣間見れるほど、本当に静かで長閑な雰囲気に満ち溢れているビーチ。
c0223843_21463350.jpg
そして何よりも目を引くことは粒子の細かいさらさらの白砂の砂浜が平坦に遥か彼方まで永遠に続き、まるでモルディブの海を呼び起こさせるような本当に美しいビーチなのである。
c0223843_222525.jpg
またサルデーニャのビーチは実は残念なことに結構ゴミが落ちていているのが当たり前なのだけれど、このベルキダビーチに関してはいつ来てもゴミがどこにも見当たらないことは私達にとっては非常に大きな驚きなのでもある。これには一つにはこのビーチに訪れる人々がこのビーチをとても大切に思っていることの現われでもあり、それが自然への敬意でもあるのだと思う。
c0223843_123817.jpg

こんなに広大で美しいビーチなのにも関わらず、夏のハイシーズンであってもあまり混み合う事もなく、ゆったりと過ごせて、まだまだあまり知られていない穴場のビーチSpiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)
といってもLegambienteの2004年の地中海で最も美しい5つのビーチのうちの1つのビーチにすでに選ばれているので
ビーチの美しさは確かなのだけれど、あまり雑誌やガイドなどで紹介されていることも少なく、また地元のサルデーニャ出身の人でも知らない人はたくさんいるほど本当にあまり知られていない。でもだからこそ何か自分の中でそっとしまっておきたいビーチの一つに入るかもしれない。
c0223843_1282143.jpg
Spiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)は大人のひざ下ぐらいの深さの遠浅のビーチなので、小さな子供でも怖がらずに楽しむことが出来て、家族で皆一緒に楽しめるビーチでもある。
c0223843_133090.jpg
この日私達3人は遅くまでベルキダビーチで過ごしていた。
そして久しぶりに色のイメージや香りの記憶はどうしてこんなにも強烈なんだろうと感じた一日だった。

サルデーニャの北東地域からでも日帰りで立ち寄れるSpiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)お薦めです。




Eppure Sentire



いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-14 02:36 | Baronie


<< 曇り空      Flavio Manzoni >>