PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 23日

新興国中東新アラブの到来とLNG(天然ガス)マネーの投資先

c0223843_2241921.jpg

今年2012年はエメラルド海岸がイタリアはサルデーニャ島の北東ガルーラ地方の入り江に高級保養地として
1962年に誕生してから50年を経ったことを記念しエメラルド海岸の随所で様々なイベントが催され、さらにはエメラルド海岸誕生のヒストリーを辿るべくして数冊の本が刊行された。

思えば、1962年の設立から創始者の一人アガ・ハーン4世はカーラ・ディ・ヴォルペホテルをはじめとした5つ星ホテルに着手しながら、彼はいつしかホテル事業に勢いづき1985年にはその当時イタリアのグランドホテル事業グループとして
知られていたCIGAを買収するようになるが、スペイン、オーストリア等の欧州全域に事業規模が拡大しすぎ、このため累積債務が重なり、アガ・ハーン4世はエメラルド海岸の主要事業から手を引く事を余儀なくされ、1994年にはStarwood と併合した(ITT )Sheratonが舵取りをするようになるが、そのすぐ4年後にはStarwood(ITT )Sheratonを買収し、
ルクソール・リゾートコレクションを始めとしたブランドホテル事業をStarwoodの指揮の下その後は運営されて行くようになる。

2003年になるとレバノン出身の投資家Thomas(Tom) Barrack(トーマス・バラック)率いるColony Capital(コロニーキャピタル)はイタリアのUniCredit銀行から融資を受けて2億9千万ユーロで晴れてエメラルド海岸のオーナーになったわけであるが、実質は2012年のUniCreditへの返済期限までに2億ユーロの債務を残しながらの運営で、采配を振るどころかかなり厳しい財政状況だったことは私達の間ではよく知られていた事だった。
c0223843_502410.jpg
(Tom) Barrack(左)とアガ・ハーン4世(右)

(Tom) Barrackは2003年にすぐに新しい組織をタックス・リゾート地で知られるルクセンブルグに
Colony Sardegnaを設立し、2007年になると(Tom) Barrackの旧友でもあるTPG-Axon(ティーピージー・アクソン)のBonderman(ボンダーマン)に声をかけ、すぐにパートナーシップを結ぶ。
2010年の時点での株式の内訳としては、

Colony Capital 32,4%
Colony Partners 52,6%
UniCredit     14,4%
De Agostini    0,6%


De Agostini デアゴスティーニグループはイタリアに地図学を普及させ、子供達の成長と共にDe Agostiniの地図は発展し、今では出版業界のグローバルリーダーとまでなり、持ち株の他の分野ではテレビ、映画、メディアコンテンツ、金融、不動産業界にまで進出しており、さらには宝くじ、スクラッチカード等の公共サービスを提供する宝くじのオペレーター組織
lottomaticaのオーナーでもあり、いわゆる同族資本主義をベースにしたコングロマリット(複合企業)に急成長している要注目企業である。

2011年になるとUniCreditは自分達の持ち株をカタール首長国が率いる政府系投資ファンド、カタール投資庁に売却する。
そして2012年の春にはカタール投資庁のエメラルド海岸の持ち株は(Tom) BarrackからBarrackの買値の倍の金額
6億ユーロを支払って買取り、これでカタール投資庁の持ち株は51%以上は優に占め、晴れてエメラルド海岸の筆頭株主、新しいオーナーになったわけである。

アラビア半島でペルシャ湾に面するカタール首長国はいったいどんな小国なのだろう。
日本人の私達にはサッカー・ワールドカップ予選で日本が本線出場を逃した試合「ドーハーの悲劇」が特に馴染み深いだろうか。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2012-10-23 20:23 | Costa Smeralda