PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Gallura( 24 )


2012年 02月 17日

Binòcoloの向こう側 Cala Sabina

c0223843_2033928.jpg
私の義母には義父と別れた後15年間ずっと一緒に連れ添ったトスカーナ出身のアンブロージョという男性がいた。しかしながらアンブロージョは長い間病臥に伏している妻がいる身であったため、トスカーナの家を拠点として、義母が住むローマの家に行き来しながら、さらには毎夏の1ヶ月間はサルデーニャの家で私達家族と共に過ごしていた。

2010年の春86歳でアンブロージョが逝去してからも、私達家族は毎年変わらず同じように夏の時期を一緒に過ごすけれど、毎年滞在していたアンブロージョが残していった遺品の数々が今も部屋の所定の位置に置かれていて、時折アンブロージョの遺品に触れては彼と過ごした日々のことを今でも回想することがある。

アンブロージョは毎朝、遅めのゆっくりとした朝食が済むといつもリビングの窓越しから、彼がずっと愛用していたBinòcolo(ビノーコロ:双眼鏡)を通してその日の天候や海の荒れ模様などを確認する習慣があって、それは何も天候だけに限らず、おそらくBinòcolo通していろいろなものをアンブロージョは眺めていたのだろうと思う。

仕事がオフのある日、私も遅めの朝食をアンブロージョと一緒に取り、朝食が済むとリビングの脇にあるサイドテーブルにいつも置かれているBinòcoloを手にして、いつものように窓越しから遠方の景色に焦点を合わせながらレンズ越しにしばらく何やらをずっと眺めていたアンブロージョ。
その後、すぐに私にもBinòcoloである物を覗いて見るように言われて、アンブロージョが定めたポイントをそのままにして
Binòcoloのレンズの向こう側を覗いて見ると、そこには真っ白に輝く美しい砂浜に白塗りされた海の家がポツリと佇んでいた。
聞くところによるとアンブロージョはちょうど6年前頃から、この私達の住む家のちょうど遥か向かい側にあるこの白く輝く美しいビーチの存在に気付いていて、いつもBinòcoloのレンズ越しから気にしていたという。

アンブロージョは昔の古き良きイタリアの時代の教養のある紳士という言葉がまさにぴったり当てはまるような人で、トスカーナ人特有の辛辣な毒舌家に加え、何事にも深いところまで常に掘り下げて根本的に考えるような人だった。
そしていつも「今のイタリアは本当に損なわれてしまった。今の若者はすっかり気骨のある奴が少なくなって、甘えた奴ばかりだ。移民たちの飢えの精神をもっと見習うべきなんだ。」というのが口癖で、義母のローマの家やサルデーニャの家でも家政婦をしているフィリピン人やカーボベルデ人たちといつも親しげに会話を楽しむような人だった。

昨年の12月のある時、私の夫がアンブロージョと同じようにBinòcoloのレンズの覗きながら、「ねぇ、知ってる? 僕達の家のちょうど向かい側に当たる所に、見事な白砂のビーチが見えるんだけど、位置的にはGolfo Aranci(ゴルフォ・アランチ:アランチ湾)になるわけだから、近々見に行ってみない?ずっと気になっていたんだよね。」

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2012-02-17 02:30 | Gallura
2011年 11月 18日

豊かな時間

c0223843_0482588.jpg
Calangianus(カランジャヌス)のコルク樫の森林

夏のポルトチェルボでは仕事でもプライベートでも本当に毎年いろんな人々と知り合う。
でもたいていは夏の数ヶ月を豪華なプライベートヨットやヴィラで過ごして、都会に帰って行く人々がほとんど。そして私達が1年の生活のベースをポルトチェルボに置いていると言うと、ほとんどの人が
「ポルトチェルボの夏はエキサイティングで最高だけれど、冬なんて本当に退屈でしょう」と決ってこの言葉が返ってくる。
確かに都会の生活が長かった私には、当初こちらの生活になかなか馴染めなかったのが本音のところだけれど、今では幾らかの気心の知れた友達も出来て、文化的娯楽施設等もほとんどないこういった単調な日々の生活の中でも自分なりに小さな喜びを見出すことが出来るようになって、おそらく昔の私からは想像できないだろうけれど今はこの生活のスタイルが気に入っている。

冬のポルトチェルボはバールと薬局と不動産屋等がいくらか営業しているぐらいで後は閑散としたようなもので、冬になるとポルトチェルボから少し離れたアルザケーナやエメラルド海岸の玄関口でもあるオルビア空港のあるオルビアの町まで行く機会が必然的に多くなる。
でも冬の時期と言えどもロールス・ロイスがエメラルド海岸の海岸線を普通に走っているのもこれまた日常のポルトチェルボで、
世の中が不景気な時期ほど富豪たちは取引に奔走する。

冬のポルトチェルボは虚飾をまとった夏の華やかさとは打って変わって、いたって普通である。サルデーニャのガルーラ地方の地元住民の人たちとの触れ合いがより多くなり、またガルーラ地方の冬の自然の美しさと恵みをゆったりと満喫できる時期でもある。
こちらでは自給自足の生活を趣味や娯楽の域でのんびり楽しみながら実践している人が多くて、それは地元の人だけに限らず、都会から毎週末サルデーニャ訪れて庭弄りや土弄りをしてリラックスしている人もかなり多い。
こんなに世知辛い世の中だから、現実の生活を放棄することはできないけれど、せめて自然と触れ合いながら自分の中で折り合いを付けてバランスを保って都会でのストレスなどを解消していると友人達からもよく聞く。
c0223843_334392.jpg
先日の雨がたくさん降った週の週末にコルク樫の生産で有名なCalangianus(カランジャヌス)まで出かけてポルチーニ茸狩りに行った。
サルデーニャに住み始めてから、冬になると毎年出かける恒例のポルチーニ茸狩りである。
大親友のカーラ・ディ・ヴォルペのヴィラに住むジョルジャと一緒に出かけて先週末はとてもリラックスした時間を過ごす事が出来た。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-11-18 16:43 | Gallura
2011年 06月 16日

Locanda Raphael Café

c0223843_6382914.jpg
あーなってこうなってと夢の中で描いたように生きることが出来たならどんなに良いだろうと思うけれど、大半の人は現実的にはそうはいかないと思っているのだろう。
常に夢を見ながら生きていた人、お金は無かったけれど変に妙案、名案が次から次へと浮かんできて、人徳というか彼の憎めない親しみの持てる人柄からか周りの人々の限りない援助によって自分の夢の実現を可能にした人、
Raphael Neville(ラファエル・ネヴィルとはそんな人だった。

サルデーニャの北東地域にあるPalau(パラウ)という町は主にマッダレーナ島へと行き交う連絡線が毎日出航していることでもよく知られている港町であるが、そのパラウの町のすぐ近くにポルトチェルボほどではないが白い建物に美しく鮮やかに咲き誇るブーゲンビリヤが軒蛇腹(コーニス)の装飾帯のように壁をつたう海辺に面したヴィラージュ群に小広場、小さな船着場を兼ね備えた、少しスペイン南部の地中海に面する海岸コスタ・デル・ソルを彷彿させるイメージを残す小さなリゾート地Porto Raphael(ポルト・ラファエル)がある。

エメラルド海岸の中心の港町はポルトチェルボであるが、昔からのポルトチェルボの社交族の間で必ず話題に上がっていたのが毎年8月のRaphael Nevilleの誕生日にパラウ近くのPorto Raphaelの小広場で3日間催されていたフェスタはポルトチェルボやはたまたポルトロトンドからも世界の社交族が挙って参加して、唯一羽目を外して一団となって底抜けに愉快に楽しむことが出来た伝説に残る社交族のパーティーとして名残惜しまれながらも昔の良き思い出として現在でも語り継がれている。

その当時、Raphael Nevilleの資金面で全面的に手助けをしていたエメラルド海岸の創設者アガ・ハーン4世の右腕的な役割を果たしていた有能弁護士Paolo Riccardi(パオロ・リッカルディ)の娘Margherita(マルゲリータ)によって、実は3年前からRaphael Nevilleの意志は引き継がれているのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-06-16 10:35 | Gallura
2011年 05月 17日

ラテンアメリカ文学とラテンアメリカ音楽とキサス

c0223843_2463164.jpg
夏のエメラルド海岸は所々で本当に様々な催し物が行われる。
著名人を招いたりするお金を掛けた大掛かりなパーティーから、内々でそのお店の常連の口コミだけの素朴な手作りのフェスタ等、主催する側の趣旨やスタイルもさまざまで、ここ数年は小じんまりとした収容定員も限られながらもある分野に興味を掘り下げた非常に内容の充実した催し物がうれしいことにかなり増えてきているように思う。
でもこういう小さい規模のフェスタはついつい見逃してしまいがちでもあるので日頃からいろいろな人との交流を交えてながらも
アンテナを張り巡らせる必要があるのもなかなか大変な事。

幸いにも私のドイツ人の親友アレキサンドラはこの手の事の情報入手はお手の物で、つい1週間前もアグリツリーズモ
「La Sasima」で作家ガルシア・マルケスの小説「わが悲しき娼婦たちの思い出」の朗読会と音楽の調べの饗宴があるんだけれど一緒に行かないかと誘われたので二つ返事でお受けした。

ガルシア・マルケスと言えばノーベル文学賞を受賞した作家で長編小説「百年の孤独」は世界各国でベストセラーになり、
ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こしたほど。
ガルシア・マルケスの作品は小説の冒頭に読み手の興味を誘う書き出しで始まり、この読者の読むスピードをどんどんと底上げさせる文章テクニックの魅力に引き込まれてしまった方も多いのではないかと思う。
5月14日の土曜日の夜9時頃から始まった朗読会では老齢の90歳の男性が14歳の少女に恋する物語「わが悲しき娼婦たちの思い出」の数章節が語られる合間にラテンアメリカ音楽も交えながら進行された何とも大人的な最高の饗宴の宵となった。
c0223843_575531.jpg
Agriturismo La Sasima

朗読の饗宴の宵を主催したのは私達がいつも何かといつもお世話になっているアグリツリーズモ「La Sasima」
私のブログ上で時々触れている「STAZZO」はサルデーニャ島の北東地域ガルーラ地方の古くから伝わる伝統建築様式で昔から地元の牧畜や農業に携わる人々が住んでいた長方形に横長い居住形態で現在はアグリツリーズモやアーティストたちの
アトリエ、アンティークショップや様々な形で利用され年々話題を呼んでいる。

私達もエメラルド海岸に滞在されている方には必ずお薦めしているアグリツリーズモ「La Sasima」
「La Sasima」とはサルデーニャの沿岸地方ではよく見られるクロウメドキ科クロウメドキ属のイソノキの落葉小高木のことをこちらの地域の方言で「La Sasima」ということからに由来する。
「La Sasima」は「STAZZO」を非常に洗練されたスタイルで内装の隅々まで手が施されていて、エメラルド海岸に毎年滞在される社交族も滞在期間中の昼食や夕食には必ず「La Sasima」を利用されるほどポルトチェルボの人々からも愛されている有名なアグリツリーズモ。
そしてエメラルド海岸の近くのアグリツリーズモとだけあって、ハイシーズンの7,8月は「STAZZO」の中のレストランに占めるいい男といい女の占める割合の比率が非常に高くなることで有名で、私もあのSuperyachtを所有している有名なオーナーと何度も「La Sasima」で出くわしているほど。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-17 09:40 | Gallura
2011年 04月 07日

Gallura西海岸3 Spiaggia di Tinnari

c0223843_2144371.gif
(前回の投稿の続きです)

2番目のビーチはSpiaggia di Tinnari (ティンナリビーチ)。
Costa Paradisoからさらに南下してMonte Tinnari(ティンナリ山)からMarineddaのあたり一帯は自然が険しく
より力強い景観を見せている。
車道の脇の細道を一歩奥に入ると舗装も何も施されていないでこぼこの入り組んだ道などはこの界隈一帯には無数にあり、
放し飼いの家畜とも出会う確立も高く、長閑で牧歌的な風景が待ち受けている。
c0223843_3412798.jpg
住宅街の外れに聳え立つTorre di Isola Rossa

Isola Rossaは地図上で小さくポツンと浮かんでいる小島で、その小島と向き合っている岬の一帯もIsola Rossaの小島と
同名の名が地域名として使用されている。
Isola Rossaの住宅街からMarinedda(マリネッダ)を抜けてMonte Tinnariまで向かい、Spiaggia di Tinnari の標識に向かって4km程進むと鉄格子の扉があり、そこに車を止めて険しいティンナリ山の急な坂道を1km歩くとビーチに辿り着く。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-07 15:01 | Gallura
2011年 04月 07日

Gallura 西海岸3 Spiaggia Li Cossi

c0223843_211542.gif
今年は1月から3月にかけて連日のように雨がたくさん降り続いた日々のおかげでとも言うべきか4月に入ってからは
サルデーニャの北東の海岸線沿いに車を走らせて見れば、車窓からは例年以上に満開に咲き乱れた花々が色取り取りに稜線を彩り、草木は深緑の広がりを見せて私達の目を楽しませながら、すっかり春の息吹きを感じ取れるようになった。

3ヶ月間のどんよりとした天候の中、週末に予定していた計画も足留めされたりと少しだけ我慢も強いられたけれど、こうして今授かっている自然の恩恵に浴することができてうれしい反面、今回日本が遭遇した自然界の脅威と背中合わせに起きた人災が
もたらした残酷さの中で自然の摂理はいつも人間の予測とは裏腹に無関係なところで容赦なく働いて、悲しい爪痕を残したけれど、これによって今一度、贅沢に慣れすぎてしまった私達が今後は自然とどう共生していけばいいのかをそれぞれが自分の頭で
しっかり考え自分で答えを見出していかなければならないのだろう。そして今豊かな自然に恵まれたサルデーニャに住む私自身にも今回のことは私にいろいろなことを投げかけ考えるきっかけを与えてくれた。
c0223843_8522624.jpg
Marinedda(マリネッダ)の入江

地中海の中においてもおそらくとびっきりドラマチックで、果てしなく蒼く澄み切った海を兼ね備え持つサルデーニャの自然のままに活かされた美しい入り江に今はひたすら感謝せずにはいられない。
サルデーニャのビーチはどちらかというと車を駐車してそこからビーチまで徒歩で10分か15分という距離に位置している
入り組んだ入江が多く、それでも人々はビーチバッグを片手に遠方の地中海潅木地帯の植物の茂みの先に見える深く紺碧に輝く海が視界に入ってくると、もう歩いてきた事など一切忘れて一目散にビーチへと駆け込む。

そんな人々の心を魅了し、感動を呼び起こすような美しいサルデーニャのビーチの中において、ガルーラの西海岸にも人里離れた、まるで孤島のビーチに佇んでいるかのような静寂さに包まれた2つの美しいビーチが存在する。

これらのビーチにはビーチに辿り着くのに少し困難を要するため、いつ訪れても人が比較的に少ないことや、また通常のビーチのようにデッキチェアーやビーチパラソルの貸し出しや飲食のサービス等もまったく提供されていないことからも、
まだあまり観光地化されずにビーチ本来のもともとの美しい姿がそこにはまだちゃんと残されており、こういうビーチに出会う度に便利さや利益を追求しすぎると知らずのうちに自然の景観が損なわれていることにも改めて気付かされ、本来はこういうビーチこそが私達に究極な居心地さと開放感を与えてくれるのだろう。
サルデーニャには人跡未踏ともいえるような秘境のビーチがまだ無数に残されているのである。

そして困難して辿り着いた先に現れた壮大なスケールの入江の美しさへの感動も大きいほど2度と忘れられないビーチとなることは間違いないのである。

何日間も激しく降り続いた雨の後の3月の第1週目の土曜日に私達は敢えてあの心地よい疲労感をもう一度求めて
Galluraの西海岸のこの人里離れたビーチにまた訪れてみた。

Galluraの西海岸域でもCosta ParadisoからIsola Rossaの一帯はGalluraの特色でもある花崗岩がより強く赤味を帯びている地域で、この地域一帯に踏み入ると、いきなり視界に飛び込んでくるのは小さく切り刻まれたフィヨルドが形成する花崗岩の小尖塔の峰が幾重にもごつごつとした連なりを見せ、険しい入江にしっかりと焼きついた花崗岩の赤褐色と海の蒼さが織成す
コントラストに私達はまずすっかり目を奪われるのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-07 01:43 | Gallura
2011年 03月 29日

Gallura 西海岸2 詩人Faber

c0223843_21395992.gif
1962年、アラブの王子アガ・ハーン4世を筆頭に貴族や財閥家たちによって創設されたエメラルド海岸協同組合が
すぐにL'Hotel Cala di Volpeの着工に取り掛かっていたと同時期にガルーラ地方の西海岸に位置する
Portobello di Galluraから南へと入江沿いに3kmにも渡る広大な土地を購入して自分の描くプロジェクトの下、ヴィラージュを建設し西海岸にもリゾート地を築こうとしていた人がいる。
Carlo Emanuele TiscorniaTiscorniaはイタリアの北部は地中海に面するリグーリア州のジェノヴァ出身のエンジニアで彼もまた1年の半分はジェノヴァ、半分はサルデーニャで過ごしながら2003年に逝去するまで、サルデーニャに終身
魅了され続けた人であった。
c0223843_223578.jpg
Tiscorniaはエンジニアらしく外観装飾よりも合理性・機能性に一貫してこだわった人で、実際に彼の設計したヴィラに訪れてみるとエメラルド海岸に点在しているヴィラのような美しいアーチを描いたアーティストっぽい曲線美こそあまり見られないが、いたってシンプルで生活する上での機能性・利便性が前面に押し出されていることがよくわかる。

Portobello di Galluraのヴィラージュはどちらかと言うとポルトチェルボのように派手に着飾ったり、富をひけらかしたりすることを好まず、控えめで目立たない態度を好むようないわゆるLow Profile的な嗜好の人が集まり、特に60~80年代にかけてはその傾向が強かったと聞いている。
特にリグーリア州からの人々が多かった時代、イタリアの70年代のイタリアフォークを代表する社会派シンガーソングライターでジェノヴァ出身の故Fabrizio De André (1940-1999)の家族もPortobello di Galluraの海辺に近いヴィラを60年代の後半に購入している。

Fabrizio De André には幼少の頃から農夫をするという夢があった。彼は音楽活動をする傍ら、サルデーニャのガルーラ地方の片田舎で自分の夢の実現と新しい生活を始めるために、1976年頃農場経営の会社150haの領地アグリツリーズモを購入し、リグーリアのジェノヴァを後にする。
そしてFabrizio De André はサルデーニャで暴力と平和を見つけることになる。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-03-29 05:06 | Gallura
2011年 03月 22日

Gallura 西海岸1

c0223843_21441126.gif
サルデーニャの北東地域を占めるガルーラ地方の西海岸域は地中海特有の冷たい北西からの強風ミストラルに
私達の住む東海岸域よりもさらにまともにさらされていることもあって、西の入江はこの風の影響で海岸はより高い砂丘を形成し、花崗岩の岩山や岩棚もより鋭角、尖鋭に切り込まれている。
地中海潅木地帯の植物群にしても北西の風の流れに沿って緩やかな造形美が描かれ、トキワガシやジネープロ(セイヨウビャクシン)の木々のねじれて変形した幹からもいかに強く激しい風が吹きつけられていることがよくわかる。

時にはこの突風とも言えるこの厄介なミストラルの中に立ち尽くしていると、人間のさまざまな妄想やいらぬ雑念をも冷たい風と共に運び去ってくれるように思える時がある。

なんだか精神的にまいってしまった心を解きほぐそうと思い、敢えてあまり知り合いに出会うことのないガルーラの西海岸に先週末にまた出かけてみた。



Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-03-22 03:15 | Gallura
2011年 03月 10日

Santa Teresa Gallura

c0223843_19395357.jpg
Torre Longosardo(ロンゴサルドの塔)

サルデーニャは中世初期からおよそ19世紀の半ばまでに、サルデーニャの海岸線地帯に島の連絡と監視のために沿岸防御システムの一環として105の塔が建設された。
もともと島は古代からさまざまな民族からの征服の対象の地として、フェニキア、カルタゴ、ローマ、ヴァンダル、アラブ、ビザンチン、ピサ、ジェノヴァ、スペインからの侵入と支配を繰り返し受けてきた歴史がある。

サルデーニャ島に対する海賊達の襲撃は8世紀に始まったと記録にある。一番最初の襲撃はビザンチン帝国支配下にあった時代の705年までに遡り、そしてスペイン支配の始まりの1478年頃には島にはすでに約60基の塔が沿岸域に建設されていたという。

そして16世紀前半頃までには島の人々を震慄させるほどの恐怖に陥らせたイスラム教徒による神出鬼没の海賊船の襲撃から逃れる為に人々は沿岸の高台や内陸へと集落を築くようになっていった。

1570年スペインの王室は多数の監視塔の建設防衛計画を置き、1581年には塔の王室管理本部が設立され、この制度は廃止される1867年まで塔の沿岸システム運用管理のために活動していた。

サルデーニャ島に建てられた105基の塔は現在25%は破壊されて廃墟と化し、35%は不安定な状態、40%は修復されて良好な状態となっているが、地中海沿岸に建てられた数知れない監視塔は今でも地中海の歴史の爪痕を残しながら、地中海の蒼い海と監視塔が織り成す美しいコントラストはなぜだか訪れた人々をいつも魅了し続けている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-03-10 03:47 | Gallura
2011年 03月 02日

Capo Testa

c0223843_19282751.jpg
サルデーニャの北東の最先端のSanta Teresa Galluraからさらに西にポツンと突き出たCapo Testa(カポ・テスタ)岬の一帯はギリシャ神話「オデュッセイア」の中で主人公オデュッセウスがトロイア戦争からの凱旋の帰途に海の神のたたりで船が地中海の各地に押し流されて漂流した地の一つに因んで別名ライストリューゴネス族の海岸線とも言われている。
またこのあたり一帯はダイビングが盛んなスポットとしてもよく知られており、ボニファーチョ海峡に浮かぶ島、ラヴェツィ島の海域まで行くと地中海サンゴ礁の群生が広がり、ハタの群れが見られることでも特に有名である。

サルデーニャの北東部の海の美しさは本当に感動を呼び起こすほどの美しさで毎年夏になるとダイバー達はもちろんクルージングや海水浴を楽しむ人々で賑わうが、また険しく入り組んだ海岸線沿いを鑑賞しながらのさまざまなトレッキングコースも春先から夏にかけては年々人気を博しており、Capo Testaカポ・テスタのトレッキングコースも難度はそれほどではなく、4時間ほどで回れるコースとあってお薦めのコースである。
c0223843_025585.jpg
実はCapo Testa(カポ・テスタ)の一帯は古代ローマ時代の経済の要を掌っていた活動拠点の一つとして今でも大切な証拠が残され保存されている地域でもある。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-03-02 04:53 | Gallura