PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Costa Smeralda( 71 )


2012年 10月 23日

新興国中東新アラブの到来とLNG(天然ガス)マネーの投資先

c0223843_2241921.jpg

今年2012年はエメラルド海岸がイタリアはサルデーニャ島の北東ガルーラ地方の入り江に高級保養地として
1962年に誕生してから50年を経ったことを記念しエメラルド海岸の随所で様々なイベントが催され、さらにはエメラルド海岸誕生のヒストリーを辿るべくして数冊の本が刊行された。

思えば、1962年の設立から創始者の一人アガ・ハーン4世はカーラ・ディ・ヴォルペホテルをはじめとした5つ星ホテルに着手しながら、彼はいつしかホテル事業に勢いづき1985年にはその当時イタリアのグランドホテル事業グループとして
知られていたCIGAを買収するようになるが、スペイン、オーストリア等の欧州全域に事業規模が拡大しすぎ、このため累積債務が重なり、アガ・ハーン4世はエメラルド海岸の主要事業から手を引く事を余儀なくされ、1994年にはStarwood と併合した(ITT )Sheratonが舵取りをするようになるが、そのすぐ4年後にはStarwood(ITT )Sheratonを買収し、
ルクソール・リゾートコレクションを始めとしたブランドホテル事業をStarwoodの指揮の下その後は運営されて行くようになる。

2003年になるとレバノン出身の投資家Thomas(Tom) Barrack(トーマス・バラック)率いるColony Capital(コロニーキャピタル)はイタリアのUniCredit銀行から融資を受けて2億9千万ユーロで晴れてエメラルド海岸のオーナーになったわけであるが、実質は2012年のUniCreditへの返済期限までに2億ユーロの債務を残しながらの運営で、采配を振るどころかかなり厳しい財政状況だったことは私達の間ではよく知られていた事だった。
c0223843_502410.jpg
(Tom) Barrack(左)とアガ・ハーン4世(右)

(Tom) Barrackは2003年にすぐに新しい組織をタックス・リゾート地で知られるルクセンブルグに
Colony Sardegnaを設立し、2007年になると(Tom) Barrackの旧友でもあるTPG-Axon(ティーピージー・アクソン)のBonderman(ボンダーマン)に声をかけ、すぐにパートナーシップを結ぶ。
2010年の時点での株式の内訳としては、

Colony Capital 32,4%
Colony Partners 52,6%
UniCredit     14,4%
De Agostini    0,6%


De Agostini デアゴスティーニグループはイタリアに地図学を普及させ、子供達の成長と共にDe Agostiniの地図は発展し、今では出版業界のグローバルリーダーとまでなり、持ち株の他の分野ではテレビ、映画、メディアコンテンツ、金融、不動産業界にまで進出しており、さらには宝くじ、スクラッチカード等の公共サービスを提供する宝くじのオペレーター組織
lottomaticaのオーナーでもあり、いわゆる同族資本主義をベースにしたコングロマリット(複合企業)に急成長している要注目企業である。

2011年になるとUniCreditは自分達の持ち株をカタール首長国が率いる政府系投資ファンド、カタール投資庁に売却する。
そして2012年の春にはカタール投資庁のエメラルド海岸の持ち株は(Tom) BarrackからBarrackの買値の倍の金額
6億ユーロを支払って買取り、これでカタール投資庁の持ち株は51%以上は優に占め、晴れてエメラルド海岸の筆頭株主、新しいオーナーになったわけである。

アラビア半島でペルシャ湾に面するカタール首長国はいったいどんな小国なのだろう。
日本人の私達にはサッカー・ワールドカップ予選で日本が本線出場を逃した試合「ドーハーの悲劇」が特に馴染み深いだろうか。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2012-10-23 20:23 | Costa Smeralda
2012年 07月 26日

L'isola di Mortorio モルトーリオ島

c0223843_6391829.jpg
はじまりはイタリアの実業家、ミネラル炭酸水のサン・ペレグリーノで知られる男Giuseppe kerry Mentastiが1954年にサルデーニャ島の北東に浮かぶ島、モルトーリオ島を購入したことから始まった。
1950年代のサルデーニャ島北東地域のガルーラ地方はまだ未開の荒野で何も無かったも同然だった。

Arzachena(アルザケーナ)の町でタバコ屋を営むLuigino Demuro(ルイジーノ・デムーロ)から42haのモルトーリオ島を3百万リラ(約千5百ユーロ)で購入したと言われている。
※メディア上では3百万リラを支払ったという説が出回っていますが、実際にメンタスティ家族に確認したところ50年代のサルデーニャ島はマラリアが猛威を振るっていたので、3百万リラ相当の製薬品と引き替えにモルトーリオ島を譲り受けたというのが本説です。
そしてDemuroは島と引き替えに得た製薬品をマラリアに冒された人々に販売していたそうです。

c0223843_7104666.jpg
そしてその後、Giuseppe kerry Mentastiは現在のポルトチェルボに当たる200haもの土地を購入するようになる。
1961年、この時代のガルーラ地方の土地の価格はとても安価で1haで50万リラ(約250ユーロ)。しかしすぐに地価は跳ね上がり1haで5百万リラ(約2千5百ユーロ)となる。
60年代当初はアガ・ハーン4世をはじめとした創設者達の友人・知人たちのみで、後には徐々にイタリア人の上流・中流中産階級の人々もサルデーニャのガルーラ地方に不動産投資に訪れるようになった。

夢の実現の為にアガ・ハーン4世らが土地を買占め始めた60年代初頭、Liscia Ruja(Long Beach)あたり一帯の土地を所有していた羊飼いのSalvatore Ghilardi(サルバトーレ・ギラルディ)はアガ・ハーン4世のMiliardi(ミリアルディ)という10億単位での土地購入の申し出をMilioni(ミリオーニ)100万単位でなければ譲らないと言い張ったと言う伝説が今でも残されている。
60年代初頭、放牧のみで生計を立てていた羊飼いの世界ではMiliardi(ミリアルディ)という言葉が公用語として流布していなかったという現実があったのである。

真のジェット・セットたちのみの地中海の高級保養地を作り上げることがハーバード大学卒業したてのアガ・ハーン4世の念願の夢だった。貴族や大実業家達が創り上げた小さな夢の楽園エメラルド海岸は瞬く間にヨーロッパをはじめとした世界中のジェット・セットたちに浸透していった。
c0223843_64122100.jpg
1964年 チェルボホテルとポルトチェルボの小広場・商業施設と入り江。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2012-07-26 06:44 | Costa Smeralda
2011年 12月 21日

Monte Moro

c0223843_219565.jpg
ポルトチェルボにあるコンド Le Cerbiatte (レ・チェルビアッテ)

先週末、ポルトチェルボのコンドミニアムLe Cerbiatte のあるクライアントの依頼で室内装飾でオーダーされた品物のお届けを最後に私も今年最後の仕事納めと致しました。

コンドミニアムLe Cerbiatte は1965年に建築家Luigi Vietti(1903-1998)(ルイージ・ヴィエッティ)によって設計され建てられたもので、コンドミニアムLe Cerbiatte の脇にはあのアラブの王子アガ・ハーン4世のヴィラがまるで
ヨットクラブ・コスタズメラルダのクラブハウスとポルトチェルボのマリーナ・ヌオーヴォの全景を見渡すかのようにマリーナ・ヌオーヴォの向かい側の入江にいたって控えめに建っています。
そういえばPorto Cervoって直訳すれば、鹿の港という意味なのですが、Le Cerbiatte Cervoの縮小語になるので
バンビという意味になります。
改めて日本語にしてみるとなんだかかわいいネーミングですよね。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-12-21 19:16 | Costa Smeralda
2011年 10月 13日

Vandalism 破壊行為

c0223843_16542498.jpg
上の写真は1962年のエメラルド海岸の創設を記念して、ちょうどエメラルド海岸の入り口付近におよそ50年近くも君臨している有名な石塔。「ようこそ、いらっしゃいませコスタ・ズメラルダへ」という意味合いもあり、エメラルド海岸の入り口をも示しているわけで、この石塔を背景に50年間たくさんの人々が記念撮影を楽しむ場所として今では有名な観光スポットでもある。

皆さんはエメラルド海岸というとどんな印象を持っていらっしゃいますか。
エメラルド海岸にヴィラを自身や友達が所有していたり、有名なホテルもしくはレジデンスやB&Bに数週間すでに滞在したりした方でしたら、海や町並みの美しさは別として、真っ先に感じる事がやっぱりイタリアの主要な都市に比べて物価が異常に高いということを感じるのが一番多いのだと思います。

エメラルド海岸の滞在費用は異常に高くつくことはヨーロッパの人々の間ではすでによく知られていることですが、初めて憧れていたエメラルド海岸に訪れたはいいけれど、何処に行っても不法に高い料金に憤慨し、良いサービスが受けられなかった、食事もたいしておいしくなかったとの声もよく聞きます。
そしてこれらの意見に敢えて私は否定もしません。
実際にエメラルド海岸以外のサルデーニャの他の地域の方がよっぽど適切な料金で海の幸や郷土料理もおいしいし、サルデーニャ人のホスピタリティの良さは言うまでもありませんが物価も納得の出来る範囲で成り立っています。

90年代後半、創設者のアガ・ハーン4世がエメラルド海岸を手放してからは、ニューリッチと言われる新しい世代の富豪達が挙って訪れるようになりました。それからはエメラルド海岸という名前が一つのビジネスの商法に利用され、エメラルド海岸だから高くて当たり前的な感覚で、ホテルやレストラン、クラブ、バール、スパ、美容院、スーパーと何処も軒並みに価格を便乗値上げするようになりました。

超豪華なメガヨットに有名なナイトスポットで一晩で1千万以上落としていく富豪たちなど、この手の事例は枚挙に遑がないほどですが、巷では「不法に得た世界の汚いお金を流通させているのがポルトチェルボ」だという人もいます。
実際にそういう人々がいるのも事実ですが、すべての人がというわけではありません。
こういう現象に古くから通い詰める健全な社交族たちが心を痛めているのも事実なのです。

初めて訪れて良いイメージを抱かなかった人々は残念ながら一度訪れたからもう十分だと思うのが当然でしょう。
でも私の周りの友達や知り合いの間では、彼らのまたその友達がエメラルド海岸をはじめサルデーニャに嵌って、毎年エメラルド海岸に訪れている人々がたくさんいます。またそういう彼等はお金の遣い方も非常に上手です。
あと、よく熟知している常連の友人などを介して優遇待遇を受けるというのは世界のいかなる場所でも同じ事が言えるのだと思います。

さて、2011年の夏の出来事で私が未だに記憶に残っている事があります。これはサルデーニャの地方紙にも取り上げられた出来事です。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-13 21:33 | Costa Smeralda
2011年 10月 12日

夕暮れの散歩 Long Beach

c0223843_8215155.jpg
Liscia Ruja(Long Beach)

私は犬を飼っているので、基本的には一日2回は犬を散歩に連れて行くようにしているけれど、でも今年の忙しい時期はどうしても朝の散歩だけになってしまい、夕方は毎回家族の誰かにお願いしたりしていた。
9月になってからは比較的に自由に時間が取れるようになったので、夕方の散歩はすでに人影が少ない海辺で私が泳ぎたいこともあって私が率先して連れて行っていた。
夏の終わりの時期の夕暮れの海辺ではおそらく地元の人たちだと思われるわずかな人のみで、日が暮れだす様子を追いながら、誰に気兼ねする事も無く思う存分好き勝手に海辺で過ごすことは、私にこの上ない開放感を与えてくれる。

サルデーニャに住んでいると、犬の散歩先にはまず困らない。私達の住むエメラルド海岸にも犬の散歩に適したコースは無数にあるけれど、私の犬はやっぱり海辺が好きで、ごつごつと入り組んだ岩場沿いをノーリードで歩く事が彼女の一番の喜びであるように思うし、そして彼女は泳ぐ事も大好きなので、結局はよく海辺に連れて行くことになる。

よく連れて行くビーチの一つとしては、家から車で5分という至近距離にあるLiscia Ruja(Long Beach)がある。
エメラルド海岸域で一番長いビーチであることから昔からLong Beachとも呼ばれているビーチで、超微粒子の白い砂浜で、海の透明度は実はあまり知られていないけれど、カーラ・ディ・ヴォルペやロマツィーノのビーチなんかよりも数段に透き通っていてきれいなのである。水中マスクなどを付けて潜って見ると尚更によくわかる。
シーズン外れのLong Beachに佇んでいると本当に美しいビーチであることをいつも再確認する。

でも6月の後半から9月初旬にかけてはこのビーチはいつ行ってもすごい人込みなので、私達はまず立ち入る事が無いし、また夏のハイシーズンはどこのビーチも基本的に犬の立ち入りは禁止ということもあるけれど。
c0223843_543496.jpg

写真は今年の9月下旬の一日中天候が暖かだった日のある夕暮れに訪れた時のLong Beach
すでに夏に終わりを告げ秋の訪れの気配が海辺のあたり一面に漂っていたとてもおだやかな夕暮れだった。
c0223843_5382310.jpg
c0223843_540483.jpg
9月の下旬とはいえ海水は暖かく泳ぐのには最適だった。ビーチベッドやパラソルもこの時期のこの時間帯では、もはやどうぞご自由にいう感じで、人も数えられるほどにしか見当たらなかった。一泳ぎした後、Liscia Ruja(Long Beach)からさらに南にあるビーチCala Petra Ruia まで赤味を帯びた花崗岩のごつごつした岩礁沿いを40分かけて私達はいつものように歩いた。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-12 20:37 | Costa Smeralda
2011年 10月 11日

Sunrise

c0223843_0221920.jpg
相変わらず毎日同じ時間帯に目が覚めて、早朝の犬の散歩に出かけるのが私の朝の日課だけれど、夏の時期と違って9月の中頃からは6時半頃だと相当辺りがまだ暗くて、少しリビングから日の出をぼんやりと眺めながら、空にうっすらと明るさが増した頃に少し早朝の冷たい空気を肌に感じながらも家から颯爽と飛び出す私達。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-11 03:38 | Costa Smeralda
2011年 10月 08日

Promenade Du Port Porto Cervo(番外編)

c0223843_1354661.jpg
前回の投稿記事の関連での続きです。

今年AUTO900のオーナー、サヴェーリオと親しくなってすぐに、サヴェーリオの娘クララがアーティストでファビオのギャラリーFabio Pietrantonioに彼女の作品も展示されていることを聞いていました。

夏の休暇を利用して娘のクララも父親のサヴェーリオに会いに、ほんの数週間でしたけれどポルトチェルボに滞在していたのですが、その時をきっかけに娘のクララをサヴェーリオを介して紹介してもらったのですが、本当に自然体でナチュラルという言葉がぴったりの女性でした。

ポルトチェルボに暮らしていると、本当にいつも思うことなのですが、とんでもないすごい大富豪と知り合いになる事ももちろんなのですが、さまざまな職業に携わっている有名な方たちともいともたやすく知り合いに慣れるのはやはりポルトチェルボならではなのだと思います。

もちろんパーティーの一夜で名刺の交換やアドレスの交換をしたのみで、その後は何の音沙汰もない場合の方がまず多いのですが(パーティーでは普通100人以上のゲストがいるので)、私の場合はフィーリングというか直感で、また会うだろうだとか、お互いが連絡しあうだろうとすぐに感じやすいたちなので、ほぼ自分の直感というものにいつも従うタイプです。

今回の出会いも私にとってはとてもステキな出会いでした。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-08 04:26 | Costa Smeralda
2011年 10月 08日

Promenade Du Port Porto Cervo(3)

c0223843_21191251.jpg
2011年のPromenade Du Port Porto Cervoは通り行く人々の足取りをその所々のスポットで引き留めさせては人々の心を魅了させていたように思う。

とりわけ友達やクライアントの間でもよく話題に上がっていたのが、イタリアのピアジオ社が製造する年代物のスクーター
VESPAを展示販売していたサヴェーリオのお店AUTO900

サヴェーリオは彼の地元トリノでもAUTO900を営んでいて、今年2011年Promenade Du Port Porto Cervoに初めて出店して彼は大成功を収めた。

今年の4月の復活祭の時期にはウィンドーに色とりどりのカラフルなVESPAだけがすでに数台展示されていて、散歩がてらにお店の前を通りすぎては、そのお店のオープンをまるで待ち焦がれるようにいつも気にしていた私。

それから6月の下旬にちょうどポルトチェルボのテニスクラブの駐車場付近で隣り合わせになって駐車していた私とサヴェーリオ。サヴェーリオの車は紺色のMGA1600MKⅡ(1963年)。それが私達の最初の顔合わせとなった次第。
因みにMGA1600MKⅡ(1963年)がどんな車かご存じない方もいるだろうと思うのでここに参考画像を貼っておきますね。
c0223843_2223436.jpg
2人乗りのスポーツカーですけれどとてもエレガントでしょ。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-08 01:07 | Costa Smeralda
2011年 10月 06日

Promenade Du Port Porto Cervo(2)

c0223843_1727484.jpg
とにかくポルトチェルボは夕暮れ時が一番賑わうひと時。特に7,8月は夜の9時でもまだ明るいので、たくさんの人々が
ポルトチェルボを中心に夕暮れ時の散歩を楽しむ。

そして夕暮れの町をそぞろ歩きしている人々を時折こっそりと垣間見るのもこれもまた楽し。
ヨーロッパの高級避暑地らしく、リゾート地特有の少し砕けたスタイルとはいえ、そこはクラス感ある雰囲気を醸し出すのは彼らにとってはお手の物で、リゾート地においてのちょっとした上流セオリーを心得ている男女が多いのもやはりポルトチェルボならではで、特に8月よりも7月の方が断然クラス感漂う人が多く、装いも力の抜けた匙加減がなんとも絶妙で、且つ気品が漂っているのは是非お手本にしたいと私が常々思ってること。
そして間違っても彼等はV〇ITTONだとかH〇RMESCH〇NELといったブランド物だとすぐに識別できるものをリゾート地においては決して身に付けていなく、たとえばあくまでも上質な生地でオーダーされた涼しげな体のラインに程よく沿った上質リネンやコットンのシャツやまたは美しいドレープを描く上質なジャージー素材のサンドレスなどで体のラインを際立たせるなどして他からの視線をそこに集中させるのが鉄則だということ(笑)。リゾート地においての装いを気負いが無く、かつ粋に見せることはかなりむずかしいことでしょうが、決してブランド物を主役にさせるのではなく自分本人自身を常に主役にさせるということが大切だそうです。

いずれにしてもリゾート地は全てにおいて開放されているムードが全開だから、思いっきりリラックスしながらも何か上質な遊び心を感じ取って日々の現実の生活の糧へとしたいところであるけれど、Promenade Du Port Porto Cervoの空間は世界的にも注目されている先鋭な若手デザイナーたちが手掛ける遊び心満載な数多くの希少でバラエティーに富んだ作品に出会う事が出来るのも一つの魅力。
そしてポルトチェルボの人々はユニークで奇を衒った商品にほど大金を払ってそこに価値を見出そうとする人が多いのも事実で、無名のデザイナーに目を付けた店主たちもさることながら、今デザインの世界は遊び心が豊かな世界の富豪たちによって支えられているのもきっと確かなのでしょう。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-06 19:11 | Costa Smeralda
2011年 10月 05日

Promenade Du Port Porto Cervo

c0223843_18495456.jpg
Promenade Du Port Porto Cervo

およそ60年代から90年代初頭にかけてはエメラルド海岸スタイルと言えば、サルデーニャで古くから伝わる
CASSAPANCA等手彫りの重厚な伝統家具類をはじめサルデーニャの海のイメージをモチーフにした水色や青色をベースとしたCERASARDAのタイルやサルデーニャの織物で縫い取りされたカーテン・センターテーブルクロス・ベッドカバー・ソファ・クッション等がエメラルド海岸スタイルのインテリアには欠かす事が出来なかった。
エメラルド海岸の何処で過ごそうともその当時はホテルやレストラン、プライベートヴィラにしても、地中海はサルデーニャの香りにしっかり包まれていた。
また、広大なエントランスポーチや海の全景が見渡せる開放感あるリビングの壁を飾る一枚の絵画にしてもカラフルで楽しい色使いが特徴的だったイギリスの画家Pat Steel が描いた素朴絵画が壁に掛けられていたのをその当時よく目にしたように、いつの時代にもそれはポルトチェルボであってもその時々において流行の傾向というものが常にあった。

90年代後半から2000年に入ると、従来のサルデーニャ一辺倒のインテリアスタイルも徐々に転換期を迎えるようになる。
世代交代の背景と言う事もあるけれど、ミニマリズムモダンインテリアを主流に部分的にサルデーニャのマテリアルを使用したスタイルの傾向がここ数年のトレンドで、さらには現代アートやプロダクトデザインの家具やアートピース等を織り交ぜたりしながら、エメラルド海岸スタイルもここ数年で多種多様化して全く新しいスタイルの旋風が起きている。
c0223843_1272255.jpg
Promenade Du Port Porto Cervo

もともと以前からポルトチェルボはデザイン・アートという分野では乗り遅れていて、ポルトチェルボの社交族からの強い要望もあってか、いち早くそこに目を付けたのが、ミラノに2002年から「Spazio Rossana Orlandi 」を展開しているミラノの社交界では御馴染みのあのロッサーナ・オルランディ女史で、そのロッサーナ・オルランディ女史の家族によって運営されながら
Promenade Du Port Porto Cervoは2009年の春にオープンして現在に至る。
Promenade Du Port Porto Cervoはアート・デザイン・ファッション・フードをコンセプトに掲げたハイセンスなコンセプトショップが軒を連ねる総合商業施設で今年で3年目のシーズンが過ぎてますます注目を浴びている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-10-05 14:53 | Costa Smeralda