PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Planargia( 2 )


2011年 12月 08日

伝説に息づく村 BOSA

c0223843_12625100.jpg
BOSAの中心地から2km離れたTEMO川岸近くに佇む中世はロマネスク様式のSan Pietro(サン・ピエトロ)教会

サルデーニャ島で唯一船舶の航行が可能なTEMO川の川岸沿いに築かれた村BOSA(ボーザ)は伝説によると、
ヌラーゲ文明時代の神話の神Sardus Pater(サルドゥス・パーテル)の娘Calmedia(カルメディア)がTEMO川岸に
辿り着き、この地に村を築くことを決めたという言い伝えがある。
確かにこの村の起源を遡ってみると、フェニキア人支配時代の紀元前9世紀頃の碑文には"Bs'n" と印されていて
“il popolo di Bosa”(BOSAの民)とあり、フェニキアの時代には集団民族として存在していた事が資料として残されている。
またBOSA村の近くの谷間に無数に点在しているDomus de Janas (ドムス・デ・ヤナス)の地下墳墓やヌラーゲなどの古代遺跡からも新石器時代にはすでに人々が出入りしていたこともわかっている。

川のほとりに築かれたBOSA村は地中海沿岸文化の影響を色濃く受けながら、村の衰退・繁栄の長い歴史の歩みの中で
村の様々な神話的伝承や儀礼を繰り返しながら、神話や伝説が生きている社会が未だこの村には存在しているのである。
穏やかに流れる鏡のような川面に映し出される川岸沿いの風景やパステル色に彩られた家並みがまるで絵画のようであり、
それらは訪れた人々のイマジネーションをいつも駆り立てる。

ある人がTEMO川岸近くに築かれたBOSA村をガルシア・マルケスの長編小説「百年の孤独」の舞台と同じように
川のほとりに築かれた蜃気楼の村マコンドのようだと例えた。
いかにもありそうで、あたかも本当にあったような様々な伝説が語り継がれて来た川沿いの村はいつも幻想的な出来事に包まれているのかもしれない。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-12-08 08:40 | Planargia
2011年 11月 29日

グリフォーニの海岸線

c0223843_027235.jpg
遠くに見えるのはCapo Caccia(カポ・カッチャ)岬とアルゲーロの町並み

サルデーニャ島の観光産業と言えば世界的にも有名で知名度が高い場所として挙げられるのは、やはりまずはエメラルド海岸、次いでオロセイ湾の海岸線というようにどちらかと言うと島の東の海岸沿岸線域が今ではすっかり観光地化されてしまったのは
もはや否めないだろうと思う。
どんな有名な観光地のメッカであろうとも、まだクチコミだけで騒がれるぐらいで、これこそが秘境の地だとほんのある一部の人だけしか知らない時代は、まだ自然も景観も汚される事無く、その場所の本来の美しさを存分に享受できていたのだろうと思う。
それが次から次へと人々が訪れ始めると、ビジネス投資や不動産投資にどんどん拍車が掛かって、いつしか自然も景観も汚されてしまうことは世界の何処の場所でも同じ事。
でも快適でかつ行き届いたサービスとともに優雅で豪華な空間に高額な代価を払ってでも自然が豊かな場所で何不便なく過ごしたいという需要とそれらを提供して利益を得たいという供給の関係がこの世にある限りこれはもはやどうしようにも避けられない事。
便利さや快適さを求めれば自然が冒されると言う方式はもはや拭い去る事は出来ないのが現実だろうし、さらには利益や快楽に耽りだすと違法も何のそのである。

サルデーニャ島の東の沿岸線沿いがすっかり観光地化されてしまったことは事実だし、それはそれで今ではサルデーニャの一つの顔になったことは確かなのである。
でも島の西の沿岸線沿いには違った表情を持つサルデーニャが無数に存在していて、まだ東ほど知られていない事をいいことに、このままあまり知られないままでいて欲しいと思う身勝手な気持ちが過ぎるほど西側の未開拓でありのままの雄大なサルデーニャの自然の姿はそれほどまでに訪れた人々を魅了するのである。

実際サルデーニャ島の西側の沿岸線沿いは本当にまだ手付かずで汚されていない自然が東側と比べると断然残されている。
沿岸線沿いはホテル、レストラン、プライベート・ヴィラなどの建造物も少なく、いかにこういった建造物が自然の景観を妨げているのかが、西側に来る度によくわかる。
特に西側沿岸線沿いは自然保護区域として指定されてるところも多く、無垢で粗削りで力強い野生美帯びた自然の美しさの
醍醐味を十二分に満喫することができる。
c0223843_2391152.jpg

Alghero(アルゲーロ)からBosa(ボーザ)へ南下することおよそ44kmの深く切り立った海岸線のコースは
サルデーニャの壮観なパノラマを見下ろすことができる風光明媚な場所の中でも3本の指に入るほどの素晴らしさである。
垂直に切り立った断崖を持ち合わす海岸線はくねくねと曲がりくねった急カーブが海岸線の形状に沿って走り、
とりわけモーターサイクル走者たちにとっても絶好のコースとも言われている。
何を隠そうもう何年も昔に私が夫に初めてバイクで連れてこられたのがこのコースだった。
あまりにも壮大で広大な海岸線際を急カーブに沿いながら走った事は今でも忘れられない。

またこの走行行程はCosta dei grifoni(グリフォーニの海岸線)とも言われ、Grifone(グリフォーネ)とはシロエリハゲワシのことを言い、絶滅危機とも言われているGrifone(グリフォーネ)はサルデーニャ島の西の断崖Capo Caccia(カポ・カッチャ)岬とCapo Marargiu(マラルジュ)岬に主に生息している。

猛禽類のハゲタカは汚されてない自然が豊かな場所でなければ生息できない。
そして彼等は私達人間よりも遥かにより手付かずの本物の自然を嗅ぎ分けるのが上手なのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-11-29 04:01 | Planargia