PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Baronie( 7 )


2011年 06月 10日

オロセイ Centro Storico と Marina di Orosei

c0223843_5265378.jpg

オロセイはサルデーニャ島の東中央部に三日月の形のように入り組んでいるオロセイ湾の上に垂直に切り立つ長さ15kmと続く厳しい傾斜を成す海面から豊かな平野が広がる領域に在する町である。
中世サルデーニャのジュディカート時代にはガルーラ独立国の支配の後、12世紀に入るとピサ商人の支配と影響を大きく受けながらオロセイの町は大きな発展を遂げる中で、現在でもピサ商人たちの築いた歴史の名残が町の旧市街地に色濃く残されている。

しかしピサ商人の後にスペインはアラゴン連合王国の猛威が振るわれる時期に入ると、オロセイの集落はマラリアの蔓延とアラブの海賊達からの幾度とない襲撃に襲われるようになり、オロセイの町は徐々に衰退の一途を辿って行くようになる。

海岸平野という立地から海賊達から侵入されやすい海辺に近い集落に住む人々の恐怖と不安はオロセイの町中に所狭しと犇めき合うように林立している17もの教会の存在からもたくさんの巡礼者が巡拝し信仰を深め、恩寵に預かろうとしながら当時の人々の思いは海賊達からの襲撃の終焉を願って止まなかったのだろう。

実際にオロセイには町の至る所で教会を目にする。
c0223843_8294462.jpg
Chiesa delle Anime アニメ教会
c0223843_17481917.jpg
San Giacomo教区教会とRosario教会

またオロセイの経済の中心は農業と海水浴観光事業とそして大理石の採掘と加工・半加工産業でよく知られているが、実は今年に入ってからサルデーニャの石の採掘の業界がまた新たな復活の兆しを見せ始めており、ガルーラ地方の花崗岩やオロセイの大理石にしても石のクオリティーの高さが再び見直され、世界的な市場の拡大と拡販が経済に活気を取り戻してきている。
因みにオロセイの大理石の活用で知られているところでは、パリのシャルル・ドゴール空港、ギャラリーラファイエット、カリブ海はサントドミンゴのラス・アメリカス国際空港、ミラノのSan Raffaele病院、グッチのブティックの内装の大理石は全てオロセイの大理石が使用されている。
c0223843_2029720.jpg

オロセイの町を散策して思ったことは本当にいろいろな民族からの侵入を度々受けてきた影響が教会や古い領主の豪華な館にしても旧市街地のあらゆる建物のディティールに保存良く残されており、白く輝く石灰岩や黒灰色の玄武岩、高貴で気品ある大理石も全てオロセイの町を示す素材であり、中世の時代に大発展を遂げたその当時の町並みの様子が今もオロセイの人々の守り継いでいこうという意気込みによって見事に修復、保存されていて海辺に近い中世の町並みへの寄り道はあっという間に時間が過ぎていった。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-06-10 02:28 | Baronie
2011年 06月 07日

Festa di Santa Maria del Mare

c0223843_891454.jpg
今年で35回目を迎えたオロセイの宗教的祭礼のFesta di Santa Maria del Mare (サンタ・マリア・デル・マーレの巡礼祭)。
毎年5月の最終日曜日に古くから漁師たちが使用していたような木製の帆掛け船を生花で美しく装飾を施され、小船には聖母子像と木製のキリスト像を運ぶ司祭たちとオロセイの伝統衣装を身に着けたフォークロアグループに所属する少青年たちが、オロセイの魚釣り愛好家たちのボランティアによる舵取りによってオロセイの海岸平野を跨ぐチェドリーノ河川上を
Santa Maria del Mare教会まで華麗に川渡りが行われます。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-06-07 04:42 | Baronie
2011年 06月 06日

Santa Maria 'e Mare 教会

c0223843_5212690.jpg
Fiume Cedrino(チェドリーノ川)とMonte Tuttavista(トゥッタヴィスタ山)

サルデーニャはヌーオロ出身のノーベル文学賞を受賞したGrazia Deledda(1871-1936)が1913年に発表した作品
Canne al vento」(風に吹かれる葦)の舞台となったのはサルデーニャ島の東中央部に蛇の蛇行のように滑らかなの曲線を描きながら横たわる76kmの長さの川Cedrino(チェドリーノ)を挟んだ谷間を中心にGaltelli(ガルテリ)の村にインスピレーションと感銘を受けながら著者であるGrazia Deledda自身も実際にGaltelliの村で生活しながら執筆をして作品を仕上げている。
c0223843_7222989.jpg
Fiume Cedrinoチェドリーノ川は南のBaronia(バロニア)地方のOrosei (オロセイ)、Galtelli(ガルテリ)の谷間に沿って流れ、この辺り一帯はオリーブ畑に、ぶどう畑、柑橘類の畑や牧草地が平野の上に広大な広がりを見せ、背後には石灰岩の山塊が隆々しく聳え立つMonte Tuttavista(トゥッタヴィスタ山)が見下ろす、なんとも風光明媚な景観であると共に中世の時代の城の廃墟跡やヌラーゲの居住区なども見られるなどしてアルカイックな風情をも醸し出している一帯でもある。

そしてOrosei (オロセイ)はMarina di Oroseiの海岸線からも2.5kmの距離に位置していて、いわゆる海面に面した低平地である海岸平野の上に若干支配されている地域であるが、ちょうどOrosei の町の外れは海岸線近くのチェドリーノ川と
Su Petrosuという沼が交差する川岸の高台の上に、実は以前から私が一度機会があったら是非訪れてみたいと思っている
小さなロマネスク様式のそれはかわいい教会があるのである。
c0223843_8454747.jpg
実際にはこの界隈一帯には、この穏やかで長閑な環境が好きでもう何度も足を運んでいるのだけれど、その小さな教会は閉まっていることが多くて、なかなか教会内部を見る機会に今まで恵まれなかった。

c0223843_1714155.jpgオロセイの町の紋章にもなっているチェドリーノ川の上を渡す橋は今やオロセイの
シンボルにもなっているが、実はオロセイの人々にとってはさまざまな深刻な問題を抱えている。

海岸平野ということもあり、過去決まって11,12月の時期に引き起こされた
大洪水による被害により、ここ数年の侵食作用の影響でチェドリーノ川の水路や
河床に破片や屑などの無数の漂流物が蓄積され多額の費用を掛けて掃海作業をする必要性に迫られている。
特に2004年の12月に起こった大洪水はOroseiオロセイからGaltelliガルテリのこの豊かに広がる平野地帯に莫大な損害を与え、橋や堤防が決壊するなど人々にも多大な被害を与えた大惨事を引き起こしたことで知られており、続く2007年の12月にも同様に大洪水による被害はオロセイの住民の人々の心配と不安をさらに増幅させた。
c0223843_18342719.jpg
毎年5月の最終日曜日に開催される宗教的な祭礼行列'' Festa di Santa Maria del Mare '' (サンタ・マリア・デル・マーレの巡礼祭)がオロセイのサン・ジャコモ・マッジョーレ教区教会から聖母子像と十字に架けられた木製のキリスト像が運び出され、オロセイの町中を抜けて、チェドリーノ川の橋の架橋下からは昔ながらの漁師用の帆掛け船を利用して、チェドリーノ川上を緩やかに水を切って渡り、オロセイの町の外れにある入江沿いのオロセイで一番古い教会でもあるSanta Maria 'e Mare 教会まで聖母子像は運び出され、その後のミサではその年の漁業への捕獲の祈願をはじめ、海の安全、人々の安全などさなざまな祈願と縁起が礼拝者全員で祈祷される。

そしてこのお祭りの機会を利用して私はようやく念願のSanta Maria 'e Mare 教会の内部を見ることができたのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-06-06 02:48 | Baronie
2011年 05月 28日

定員制のビーチ L'OASI DI BIDDEROSA

c0223843_2295116.jpg
毎日、真夏日が続いているサルデーニャ。観光客のざわめきと共に、私達の住むここエメラルド海岸にもようやく本来の活気が
町全体に戻ってきたような気がする。
先週から、私も何かと忙しく過ごしていて、週末はゆったりのんびりと過ごしたいという切なる思いがあった。

昔、私の友達で医師をしている彼は、私に「いつも仕事で不健康な人を診ているので、休みに日はできるだけ人出の多い賑やかな場所で健康な人たちを見ながら過ごしたい」と言っていた事をなるほどなと深く納得したことを時折思い出しながらも、
私は昔から週末はその彼とは反対でいつもできるだけ人込みの中よりもひっそりと穏やかに過ごせる場所を好んでいたように思う。

夏のポルトチェルボと言えば世界の富が集中することで知られていて、またスノッブさも超一流。
そんな世界は刺激的で楽しい事もあるけれどやっぱり疲れることもたくさんあって、週末だけはできるだけ虚飾で世俗的な世界からはなるべく遠ざかって人間本来のシンプルさに立ち戻ることを信条にしている。
c0223843_4384980.jpg

ちょうどポルトチェルボから100km程離れた場所、オロセイの北から13kmの所に位置する5つのビーチを兼ね備えた
国有森林公園BIDDEROSAがあり、先週末はここで本当にのんびり過ごす事が出来た。

国有森林公園BIDDEROSAには5つの入江の他には2つの沼地があり、湿地の保存に関する国際条約で知られる
ラムサール条約にも登録されており、フラミンゴやアオサギ、鵜、カモメ等さまざまな水棲鳥類が生息していてバードウオッチングも楽しむことも出来る。

860ヘクタールもの面積に広がる公園にはもうかれこれ30年以上も保護されているアレッポマツやカナリーマツなどすばらしい松林が見事に繁茂しているが、その昔1978年以前に起こった大火事では500ヘクタールもの松林が焼失し、続く翌年にも
150ヘクタールの森林が焼失している。
しかしその後も小さな火災はたびたび起こり、森林公園の保護の目的の下、監視員を常設するようになってからは
BIDDEROSAへの入場は有料となり現在は車一台(12ユーロ)+2名(2ユーロ)となっている。
自転車は一台1ユーロ。
(7月21日から8月31日の期間は車一台14ユーロ)
また一日に入場できる車の台数は130台までと制限されている。
故に状況によっては入場を断られる事もある。

このことにより有料で定員制限までされているL'OASI DI BIDDEROSA(オアシス ビッデローザ)に関してはいろいろと
世間では物議を醸し出しているのは事実ではあるけれど、それでもBIDDEROSAの入江の美しさは地中海で美しいビーチの一つに登録されているように毎年、有料で定員制の美しいビーチということでツーリストたちの好奇心と話題を引き付けて止まない
ことは確かのようだ。
c0223843_6161145.jpg
BIDDEROSAの広大なオアシスの中に入るとまるでサルデーニャにいることを忘れるほどいつもと違う風景が待ち受けている。
きれいに整地された走行ロードの道のりにはマウンテンバイクやノルディックウォーキング、またはカヌー・カヤックとさまざまなオリエンテーションが毎年開催されている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-05-28 06:45 | Baronie
2011年 04月 29日

Castello della Fava

c0223843_4595788.jpg
Castello della Fava ファーバ(そら豆)城 

サルデーニャの中央部ヌーオロからもっとも近い北東に位置する歴史的小地区で知られるBaronie(バロニエ)は現在
北のBaronieSiniscola(シニスコーラ)、南のBaronieOrosei(オロセイ)が行政のほとんどを掌っているが、
サルデーニャ中世の時代にはBaronieの地区はBaronia di PosadaBaronia di GalutelliBaronia di Oroseiの3つに分けられていた。

時はおよそ9世紀から15世紀にかけてサルデーニャのジュディカート時代と呼ばれていた時代にはサルデーニャを4分割にしてCagliali(カリアリ)、Torres(トッレス)、Arborea(アルボレア)、Gallura(ガルーラ)とそれぞれが独立した自治制度を形成して独立国を営み、その当時ガルーラ独立国の支配はBaronieまでにも及んでいた。

そのガルーラ独立国の中でもBaronia di Posadaは中世の時代において重要で大切な地域だった。
Posada(ポサーダ)は石灰岩の山の上にどっしりと根を下ろしながらも小じんまりと密集した歴史的旧市街地を構え、山の頂には中世の軍事建築の典型的なエレメントで知られるグエルフィ(ゲルフ)の峡間胸壁が一際高く聳え立つ印象的な村である。
c0223843_6403867.jpg
Fava城は12世紀に栄華を誇っていた海洋共和国のピサ人によって建造されたもので、建造された当初はガルーラ独立国が支配していたが、1294年にはピサ人の支配に変わり、続く1324年にはカタルーニャ=アラゴン連合国の手中に落ちる。
1300年の初頭にはサルデーニャの独立自治国はエレオノーラ王女率いるアルボレア王国を除いてすべて滅びてしまい、
1388年 Fava城は再びサルデーニャのアルボレア王国に統治されるが、1409年6月30日の
Sanluri(サルデーニャ州Medio Campidano県のコムーネの一つ)の戦いでアルボレア王国がアラゴン王国に完敗し、
Fava城は再びスペインの支配下に置かれる。
そして1431年、アラゴン王国のアルフォンソ5世はアルボレア王国の末裔Nicolo' CarrozPosadaを譲与して
Baronia di Posadaはおよそ1869年まで続いた。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-29 08:44 | Baronie
2011年 04月 24日

Spiaggia Capo Comino

c0223843_3372652.jpg
Spiaggia Capo Comino(カポ・コミーノ ビーチ)

サルデーニャの自然が持つ豊かな色彩は1年を通してたくさんのさまざまなニュアンスを含んでいるが、サルデーニャの自然主義的とも言えるこの島の世襲財産は私達にたくさんのインスピレーションを与えてくれ、あらゆるモチーフをもいつも私達に提供してくれる。

地中海に浮かぶ美しい海岸線を兼ね備えたサルデーニャ島の魅力的な風景の1つには、あらゆる方角からの風に支配された
この島ならではの風によって吹き上げられた砂が堆積して出来る海岸砂丘はおそらくたくさんのフォトグラファーたちの
心を虜にしながらも彼等たちによっていつの時代にも絶好の被写体として選ばれてきたように、それ程サルデーニャの海岸線上に生成される砂丘は美しくこの上なく心象深いことでよく知られている。
c0223843_4265144.jpg
サルデーニャですばらしく感動を呼び起こす海岸砂丘としてよく知られているのが、サルデーニャ島の南西に位置する海岸線の
Piscinas(ピッシーナス)Porto Pino(ポルト・ピーノ)は特に有名だけれどサルデーニャ島の中央東海岸にも1つだけ美しい流線形を兼ね備えた海岸砂丘が存在している。


Spiaggia Capo Comino(カポ・コミーノ ビーチ)。
ちょうど先々週にCala Gonone(カーラ・ゴノーネ)に辿り着くまでの道のりの途中に、久しぶりに皆で立ち寄ってみた。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-24 08:23 | Baronie
2011年 04月 14日

Spiaggia di Berchida

c0223843_42245100.jpg
Spiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)

現在、私の夫の幼馴染で兄弟同然のように育ってきた大親友のがポルトチェルボに数週間の予定で滞在している。
はエメラルド海岸の創始者のメンバーの一人メンタスティの孫である。
エメラルド海岸というとまずアガ・ハーン4世の名が先に挙がってくるが、ポルトチェルボの人々の間ではアガ・ハーン4世
同様にまたメンタスティ一族もエメラルド海岸の発展において重要な役割を果たしたことでよく知られている。

私の夫やにしても、彼らの過ごした幼少から思春期の時期のサルデーニャはまだもうもうと砂埃が立ち込めるような舗装されていないでこぼこな道も多く、粗削りで雄大なサルデーニャの自然が巨大な建造物で視界を遮ぎられるようなこともなく、遥か彼方まで広がる荒野はまるでFar Westのフロンティアのような極西部の辺境の地のイメージをそのままにまだ残していた。

好奇心旺盛な少年だった彼らにとってはサルデーニャのこの豊かな自然が宿る未開拓の土地はさぞかし最高の子供の遊戯場になっていたことはきっとまちがいないのだろう。

先週、食事中に彼等からふと、今はサルデーニャのどこのビーチも人が溢れてすっかり観光地化されてしまったけれど、
エメラルド海岸から少し南に車を走らせれば、まるで35年前のエメラルド海岸を少し彷彿させるようなビーチがまだ一つ残されている事を聞いた。
c0223843_17321740.jpg
エメラルド海岸の玄関口オルビアから南のSiniscolaに向かって国道125号線に車を走らせ、Berchida(ベルキダ)の
Cantoniera(保線道路・河川監視員の家)を左に折れて、さらに4kmの少し凹凸の激しい道のりの先には、
途中穴ぼこだらけの路面に出会う事もあるが、幅50m、長さは地平線上に広大な拡がりを見せる平坦で美しい海岸線が
どこまでも続くSpiaggia di Berchida(ベルキダビーチ)が待ち受けている。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-04-14 02:36 | Baronie