PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Marghine( 2 )


2011年 12月 19日

Badde Salighes バッデッ・サリゲス

c0223843_20131065.jpg
1863年6月にイタリア・イギリスの共同出資による会社サルデーニャ鉄道ロイヤルカンパニーがロンドンで設立され、1880年にサルデーニャで最初の鉄道主要幹線路の開通式が行われた。

サルデーニャは古代からいろいろな民族からの侵略を幾度も受けながら、そして異国の文明を取り入れながら島国として成長してきた。
いつの時代でもいかなる場所においても異なるものを受け入れ国は絶えず発展向上して行く。
今でこそ毎年バカンスシーズンになるとバカンス先の候補地には必ずサルデーニャ島が挙がるほど、サルデーニャ島の海の美しさはすでに世界中の人が知るところ。
これにはアラブの王子アガ・ハーン4世がサルデーニャ島のガルーラ地方北東地域に1960年代に高級避暑地を創設したことによってサルデーニャ島の入江の美しさを世に知らしめ、サルデーニャ島の観光事業の発展に貢献したことは
もはや言うまでもない。

1800年代サルデーニャ島は高度経済成長時期を迎えていた。いろいろな分野の産業の発展と共に、島の陸地の交通網を充実させる必要性にいち早く目を付けたのが英国はウェールズ出身のエンジニアBenjamin Piercy ( 1827 – 1888) (ベンジャミン・ピアシー)だった。

c0223843_2393077.jpgBenjamin Piercy はイギリスで土木工学を専攻し、卒業と同時に
Benjaminの父親と兄ロベルトと共にすぐに働き始め、イギリス、フランス、スペイン、インド、南米等の鉄道設備の設計を手掛けてきた人である。

Benjamin Piercy はイタリア統一後の翌年1862年にサルデーニャに鉄道を敷くことを宣言し、さらにその翌年にはサルデーニャ鉄道ロイヤルカンパニーという共同出資の会社をロンドンで設立し、1865年の2月にサルデーニャ島に到着した。
まずはCagliari(カリアリ)- Decimomannu(デチモマンヌ)間が1871年に開通し、これを皮切りに島の鉄道交通網は1880年までに整備されていった。
特に興味を引いたのがSassari(サッサリ)方面、Olbia(オルビア)方面へと結ぶ線路の接続地点としてOzieri(オツィエーリ)-Chilivani(キリヴァーニ)駅が設けられ、Chilivani(キリヴァーニ)という村が
Benjamin Piercy のよって創設された村であったことである。

   Benjamin Piercy

Benjamin Piercy は1870年には居住のベースをイギリスからサルデーニャに移し、まずはカリアリに居を構えながら、
1879年から1883年の間にヌーオロ県にある標高約1000mほどの高地Badde Salighes (バッデッ・サリゲス)の3700haもの土地を買占め、家族の住む屋敷とイギリス式庭園の建造と共にBenjamin Piercy は企業家として新たな事業を企てるのにこの高地でさらなる先見の明と天賦の才を発揮していくことになる。
c0223843_0445128.jpg

c0223843_112135.jpg
Piercy(ピアシー)一族が住んでいたお屋敷はBenjamin Piercy の3代目の代になるとVera Piercyによって民間に
売却されるが、屋敷は長い間放置されるがままになり無残にも老朽化し、そこでBolotana(ボロータナ)のコムーネが見るに見兼ねてすべてを買い取り、2007年に屋敷は全面修復され、イギリス式庭園も現在は州の自然公園として登録されている。
おそらくサルデーニャ出身者であってもBenjamin Piercy の名前を覚えている人は少なく、鉄道の開通をはじめ、農牧業の分野でも合理的で近代的な所業を成し遂げ、サルデーニャの農牧業を進化へと導き発展にまで貢献したウェールズ出身のエンジニアBenjamin Piercy もやはりアラブの王子アガ・ハーン4世と同様にサルデーニャにとって決して忘れてはならない人なのである。

Continua a leggere
[PR]

by portocervo1962 | 2011-12-19 02:56 | Marghine
2010年 04月 28日

マコメル 本の展示会

c0223843_1719829.jpg

先週末もまたポルトチェルボを離れてヌーオロ県のマコメル市で毎年4月の下旬頃に開催されるMostra del libro(本の展示会)に行って来ました。
本当は土曜日に行くことを予定していたのですが、あいにくの雨で最終日の日曜日に何とか初めて訪れることができました。
c0223843_1726569.jpg
マコメル市はCampeda高原と Abbasanta高原の中間に位置し起伏に富んだ丘の高台からオリスターノ県からカリアリ県まで広がる平野が一望でき、すばらしいパノラマを楽しむことが出来ます。
またマコメル市はヌーオロ県の他の市と同様に農牧業を中心に家畜の養殖、ウール・麻などの織物工業、ペコリーノチーズ、精肉を生産・輸出する工業地帯が広がる商業都市としても知られています。
そしてトレニイタリアFS(旧イタリア国鉄)とサルデーニャ鉄道FDSの2つの重要な駅があることでも知られていますが、この地方で何よりも興味深いのは過去の大切な痕跡が残された考古学上でもとても重要な古代遺跡がもっともたくさん集中するエリアであることです。
c0223843_17574825.jpg
実際マコメル周辺を車で走っていると次から次とすばらしい景色とともに先史時代の石造建築で知られるヌラーゲ遺跡等が気前よくどんどん視界に入ってきます。
c0223843_1832894.jpg
古代遺跡が好きな人にはもうたまらないエリアです。ヌラーゲ CRABARIDA
さて本の展示会の会場はマコメル市にある旧兵舎MURAで毎年行われます。
サルデーニャ自治州がマコメル市役所、地方自治軍隊参謀本部、ヌーオロ県庁、サルデーニャ出版社連盟、美術館Manの協力を得ながらサルデーニャの出版会社のプロモーションに充てる活動だけではなくサルデーニャ出身の作家との会談、演劇、本の朗読、アニメーション、音楽とさまざまな企画が毎年用意されており、今年で10回目の開催となります。
c0223843_18165383.jpg
c0223843_18191452.jpg
旧兵舎Muraをメイン会場に2つのパビリオン仮設展示館が設置されていました。

私たちが訪れた日曜日は最終日という事もあり、そんなにたくさんの人も居なくゆっくりと見て回る事ができました。
c0223843_18253810.jpg

c0223843_18295665.jpg
c0223843_18311763.jpg
c0223843_1833784.jpg
家を出る前から今回は本は2冊までにしておこうと決めていたのですが、やっぱりダメですねあれもこれもと欲が出てしまって一生懸命絞り込んで6冊に留めました。家にはまだ読んでいない本が山積みにされているんですけどね。
約3000タイトルの本の展示でサルデーニャの出版会社だけではなくイタリアの大手出版会社エイナウディを始め本当にたくさんの本が集結していましたし、もちろん児童・幼児向けの本もたくさんありましたよ。

そしてこの後マコメル市の教区教会S.Pantaleoサンパンタレオ教会に寄りました。この教会は1635年に建てられた16世紀から17世紀のスペイン・アラゴン王国の鮮明な着想が後期ゴシック建築の模倣として示されている三廊式の教会です。
c0223843_1992597.jpg

c0223843_19115529.jpg
c0223843_19135947.jpg
正面ファサードの上部の三角形のティンパスムや石柱にはこの地域周辺でよく採掘されるtrachiteトラキーテ(粗面岩)が使用されています。このトラキーテはマグマで形成された多孔性の石で柔らかくて軽くて加工しやすく、特に赤味がかったトラキーテはマコメル市からBosa(ボーザ)市にかけてはよく見かけることができます。
サルデーニャ島における新生代の諸火山のうちの一つ、ちょうどマコメル市の南西に位置するmonte Ferru(フェッルッ)山の休火山から一番採掘されるのがトラキーテ(粗面岩)次いでbasalto(玄武岩)です。本の展覧会が行われていた旧兵舎Muraの外壁には玄武岩が使用されているのがわかります。
マコメル市の旧市街地を歩いていても玄武岩を使用した建物を見つけることが出来ます。
c0223843_1940329.jpg
Palazzo Uras
1800年代の中頃に建てられた薬剤師 Giulio Uras(ジュリオ・ウラス)の館。

こうしてサルデーニャのあらゆる地域の旧市街地を巡りながらさまざまな特色が伺えるのも私たちの楽しみの一つです。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

応援のクリックを頂けると更新の励みになります。
                  人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
[PR]

by portocervo1962 | 2010-04-28 19:50 | Marghine