PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 23日

新興国中東新アラブの到来とLNG(天然ガス)マネーの投資先

c0223843_2241921.jpg

今年2012年はエメラルド海岸がイタリアはサルデーニャ島の北東ガルーラ地方の入り江に高級保養地として
1962年に誕生してから50年を経ったことを記念しエメラルド海岸の随所で様々なイベントが催され、さらにはエメラルド海岸誕生のヒストリーを辿るべくして数冊の本が刊行された。

思えば、1962年の設立から創始者の一人アガ・ハーン4世はカーラ・ディ・ヴォルペホテルをはじめとした5つ星ホテルに着手しながら、彼はいつしかホテル事業に勢いづき1985年にはその当時イタリアのグランドホテル事業グループとして
知られていたCIGAを買収するようになるが、スペイン、オーストリア等の欧州全域に事業規模が拡大しすぎ、このため累積債務が重なり、アガ・ハーン4世はエメラルド海岸の主要事業から手を引く事を余儀なくされ、1994年にはStarwood と併合した(ITT )Sheratonが舵取りをするようになるが、そのすぐ4年後にはStarwood(ITT )Sheratonを買収し、
ルクソール・リゾートコレクションを始めとしたブランドホテル事業をStarwoodの指揮の下その後は運営されて行くようになる。

2003年になるとレバノン出身の投資家Thomas(Tom) Barrack(トーマス・バラック)率いるColony Capital(コロニーキャピタル)はイタリアのUniCredit銀行から融資を受けて2億9千万ユーロで晴れてエメラルド海岸のオーナーになったわけであるが、実質は2012年のUniCreditへの返済期限までに2億ユーロの債務を残しながらの運営で、采配を振るどころかかなり厳しい財政状況だったことは私達の間ではよく知られていた事だった。
c0223843_502410.jpg
(Tom) Barrack(左)とアガ・ハーン4世(右)

(Tom) Barrackは2003年にすぐに新しい組織をタックス・リゾート地で知られるルクセンブルグに
Colony Sardegnaを設立し、2007年になると(Tom) Barrackの旧友でもあるTPG-Axon(ティーピージー・アクソン)のBonderman(ボンダーマン)に声をかけ、すぐにパートナーシップを結ぶ。
2010年の時点での株式の内訳としては、

Colony Capital 32,4%
Colony Partners 52,6%
UniCredit     14,4%
De Agostini    0,6%


De Agostini デアゴスティーニグループはイタリアに地図学を普及させ、子供達の成長と共にDe Agostiniの地図は発展し、今では出版業界のグローバルリーダーとまでなり、持ち株の他の分野ではテレビ、映画、メディアコンテンツ、金融、不動産業界にまで進出しており、さらには宝くじ、スクラッチカード等の公共サービスを提供する宝くじのオペレーター組織
lottomaticaのオーナーでもあり、いわゆる同族資本主義をベースにしたコングロマリット(複合企業)に急成長している要注目企業である。

2011年になるとUniCreditは自分達の持ち株をカタール首長国が率いる政府系投資ファンド、カタール投資庁に売却する。
そして2012年の春にはカタール投資庁のエメラルド海岸の持ち株は(Tom) BarrackからBarrackの買値の倍の金額
6億ユーロを支払って買取り、これでカタール投資庁の持ち株は51%以上は優に占め、晴れてエメラルド海岸の筆頭株主、新しいオーナーになったわけである。

アラビア半島でペルシャ湾に面するカタール首長国はいったいどんな小国なのだろう。
日本人の私達にはサッカー・ワールドカップ予選で日本が本線出場を逃した試合「ドーハーの悲劇」が特に馴染み深いだろうか。






c0223843_21225951.jpg
ポルトチェルボのマリーナと入り江の景観

カタール国はペルシャ湾に突き出た総人口150万人程の半島国家である。
120万人はインド、パキスタン、イランをはじめとした外国人労働者で、残りの30万人がカタール本国人といった割合で、
豊富な天然ガス資源に恵まれ、天然ガス埋蔵量はロシア、イランに次いで世界第3位である。
歴史的には1916年にイギリスの保護領となり、1971年の9月には英国から独立している。1940年に初めてカタールの西岸で油田が発見されるまでの産業は、漁業と真珠採取だけであったそうだ。

1968年からAl Thani(サーニー)家が王家を統治して首長制を取っているが、1995年にその当時第6代首長だった自分の父親に対して無血クーデターを起こし、父親を追放して現在の第7代首長に収まったHamad bin Khalifa Al Thani(ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー)首長が現在カタール国を取り仕切っている。
アラブ世界で初めてのニュース専門衛星放送チャンネルAl Jazeera(アル・ジャズィーラ)」を設立したのも、まだハマド首長が皇太子時代の1994年に自分のポケットマネーで発案したということからもいかに気骨のある進取の気性に溢れた人であることがわかるだろう。
1996年に初めて「Al Jazeera」から放送が流れ、2006年の11月に英語放送を開始して世界中から注目を集めた。
ハマド首長は政治・宗教の上においても斬新的な政策を行っており、イスラム諸国でいち早く女性に参政権を与え、女性の教育機会や社会進出の拡大を目指しており、憲法の承認を求める為に国民投票も行った。
1999年にイスラム国家で最初のカトリックの教会を建設したりと、キリスト教の教会がカタールで活動することを容認するなどカタール首長国は宗教に関してもかなり寛容な姿勢を示している。
こういった意味からも中東地域に起きた大規模反政府デモや抗議活動に見る「アラブの春」がカタール国に及ばなかったこともおそらく関与しているのであろう。
c0223843_22341329.jpg
ハマド首長とモザ王妃

特にアラブのムスリムの女性の保守的な制度に強いられた中東の他の君主の妻とは異なるハマド首長の3人の妻の2番目の妻、Sheikha Mozah bint Nasser Al Missned(シェイカ・モザ・ビン・ナッセル・アル・ミッセンド)王妃は積極的にカタール政府に関与して国の政治や社会の中で活躍しており、フォーブスの最もパワフルな2011年の100人の女性の1人に選ばれるなどして今何かと注目を浴びている女性でもある。

しかしながら、豊潤な石油・天然ガスなどの炭化水素資源と言えども何れは枯渇する危惧があるわけであり、こういった油田産出国の資源が無くなる前に備えての外貨・インフラ投資、世界の企業買収は今やカタール国に始まったわけではないけれど、特に2008年から2012年にかけてのカタール国のエネルギー・インフラストラクチャー・軍事・メディア・金融・文化・スポーツ・
不動産等と欧州全域に跨ってのこの勢いのある投資はやはり目を見張るものがある。

またここのところ世界の天然ガス輸出入が落ち込んでいる。それには世界不況によるエネルギー消費の落ち込みのこともあるが、地中深くの岩盤から採取される米国で開発・生産される「シェールガス」の増産が進んで、米国の天然ガス輸入は大幅に減少し、世界最大のLNG(Liquefied natural gas )(液化天然ガス)輸出国のカタールがかなり影響を受けており、
現在カタールはLNGの輸出先を目下開拓中ということである。
そしてLNGには巨額な初期投資が必要になる。なぜなら天然ガスは気体である為、気体を冷やして液体にして船で運ぶ。人工的に超低温状態にし、冷温化されたLNGを貯蔵させ、且つLNGタンカーに超冷温液体を積み込む湾岸設備が必要不可欠になってくるのである。
天然ガス輸出国がLNGを売る時は必ず輸入国との間で20年前後の長期契約を結ぶのであるが、このようなことも意図して
カタール国がすでにナショナル・ヴィジョン2030なるプロジェクトを打ち出して、2030年までの豊潤な利益があるうちに自国の社会開発、人間開発、経済成長、環境保全の向上に向けてすでに積極的に活動している事がわかる。
c0223843_2513177.jpg

実際、カタール国の経済がここ数年で年率10%という割合で急成長しており、昨年の夏以降からの12ヶ月間のカタール国の欧州全域においての投資総額がカタール国のエネルギー分野においてのわずか6週間分の利潤に相当するだけということだから、彼等にとっては、たかだかパンくずほどの出費にすぎないのとも言えるのかもしれない。

では、2005年に設立されたカタール首長国のソブリン・ウエルス・ファンド(政府系投資ファンド)のカタール投資庁
Qatar Investment Authority )の投資先とはいったいどんなものがあるのだろう。


まずはスペインの電力大手のIberdrola(イベルドローラ)、ポルトガルの電力工業グループEnergias De Portugal
世界最大級スイスの資源会社Xstrada(エクストラータ)、オランダの石油・エネルギー会社Royal Dutch Shell(ロイヤル・ダッチ・シェル)。このカタールのShellへの投資の背後には、2006年に発足されたプロジェクト
Pearl GTL(Gas to Liquids)があり、カタール国とShellは共同事業で天然ガスを液体製造にする世界最大GTLプラント
計画し、Shellは液体ガスの形質転換のノウハウをカタール王室に提供し、これによりカタール国は液体ガス生産国のエネルギー分野において一躍キーパーソンになったわけである。

ドイツはPorsheVolkswagen、世界規模のドイツ大手建設会社HOCHTIEF (ホッホティーフ)、ベルギーの投資会社
Groupe Bruxelles Lambert (グループ・ブリュッセル・ランバート)、またベルギー金融大手Dexia(デクシア)が
2011年に経営破たんを起こし、資産保証割合のルクセンブルグの3%をQIAに1億5百万ユーロで売却。

ロンドンに関して言えば、まずはロンドンの高級老舗デパート「Harrods」の買収、ロンドンのオリンピック村と87階建ての
ヨーロッパで最も高い超高層ビルでイタリア人建築家レンツォ・ピアノが設計したThe Shard London brigdeの建設費用、
ロンドン証券取引所、ロンドンの金融街Canary Wharf(カナリー・ワーフ)のSongbird(ソングバード)不動産、
Barclays(バークレーズ)銀行、カナリー・ワーフのCredit Suisse(クレディ・スイス)銀行、ロンドンのアメリカ大使館の建物、英国防省Chelsea Barracks(チェルシーバラックス)兵舎の再開発、イギリスのスーパーマーケットチェーン
Sainsbury's(セインズベリー)等。
c0223843_52172.jpg
ハマド首長とフランスのFrançois Hollande(フランソワ・オランド)大統領

フランスでは特にエネルギー・インフラストラクチャー関連の投資が顕著で、フランスの石油会社Total(トタル)、世界最大フランスの原子力産業Areva(アレヴァ)、水事業会社Veolia(ヴェオリア)、Vivendi(ヴィヴェンディ)、水処理・廃棄物処理のSuez(スエズ)、フランス大手建設会社のVinci(バンシ)、フランスの航空・宇宙企業EADS
身近なところではファッション誌「ELLE」等を発行するアシェット社で知られるフランス最大メディアグループLagardere(ラガデール)、LVMH (モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、Chanel(シャネル)、フランスの老舗バッグブランド「Le Tanneur」(ル・タヌア)。
建物に関しては、まずはパリのシャンゼリゼ通りの高級ショッピングセンターを買収、パリのHotel du Louvre(ルーヴル・ホテル)、Le Royal Montceau(ル・ロイヤル・モンソー)、パリ17区ポルト・マイヨにある
Hotel Concorde Lafayette(ホテル・コンコルド・ラファイエット)、モンテカルロのLa Société des Bains de Mer (ソシエテ・デ・バン・ドゥ・メール)、ニースのPalais de la Mediterranee (パレ・ドゥ・ラ・メディテラネ)、
カンヌにあるHotel Carlton(カールトン)、Grand Hotel Martinez(グランド・ホテル・マルティネス)、
パリのサッカーチームParis Saint-Germain (パリ・サンジェルマン)。
そういえばカタール国は2022年のワールドカップの開催国としての誘致にも成功している。
c0223843_22445959.jpg

ご覧のように、QIAの投資先がフランスにかなり傾倒していることの理由の一つには、カタール国のモザ王妃にあると言われているが、今では彼女の公での装いはかなり話題をさらっているようである。
そういうわけで、イタリアの老舗メゾンのValentino(ヴァレンティノ)の買収もモザ王妃とその娘達の意向であると伝えられている。
他にイタリアにおいては、UniCredit銀行、石油ガス会社Eni(エニ)の傘下のガス・電力輸送網会社Snam(スナム)等がある。
後、アメリカの映画会社Miramax FilmsやジュエリーのTiffany(ティファニー)の筆頭株主になったこともここに掲げておく。
c0223843_23485638.jpg
「カード遊びをする人々」(1839-1906) Paul Cézanne(ポール・セザンヌ)

さらにはカタール王室はアートマーケットの世界においても世界最大のアートバイヤーであることもここで言及しておかなければならない。
昨年の4月にカタール王室はフランス後期印象派の画家Paul Cézanneの5連作からなるうちの最後の作品の「カード遊びをする人々」をニューヨークの競売大手サザビーズのプライベートセールでギリシャの海運王、故George Embiricos
(ジョージ・エンビリコス)から2億5千万ドルと戦後美術としては史上最高価格で購入した。
他にもMark Rothko(マーク・ロスコ)、 Damien Hirst(ダミアン・ハースト)、Francis Bacon(フランシス・ベーコン)、
Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)等も購入し自国の文化資産向上に尽力し続けてる。

いずれにせよ新興国カタールの世界市場においてのショッピングは日夜やみ止らないようである。
カタールの外交政策もハマド首長はトルコのエルドアン首相の発足した「ゼロプロブレム外交」近隣諸国と問題を起こさないに続いているようで、ハマド首長はアラブ界のキッシンジャーとも言われているようである。
c0223843_0404675.jpg


イスラムの王子によって黄金の時代が築かれたエメラルド海岸はもちろんもう2度と戻ってこないだろう。
またよき時代と言うものはとかく神話化されてもて栄され続けていくのだから。
そして時代が変わり、人々も変わっていくのだから。

イタリアの眩く程に美しく白砂に輝く島サルデーニャ。
イタリアで一番貧しい地域を保有している島サルデーニャ。
イタリアで凶悪で伝説に残る盗賊集団を生み出した島サルデーニャ。


念願の白砂に輝く島に訪れてみれば、期待とは裏腹に州の公共交通網や観光事業設備は全く行き届いてなくて、道路やビーチがゴミの放置で汚くて、食べ物も値段の割りにお粗末でとかなり厳しい現状のサルデーニャであるが、毎年訪れる人々に聞けば必ずこう返ってくる。
「自然、海がとにかく美しいんだよね」と。

新興国中東新アラブの手腕を是非発揮して頂きたいものである。




いつも訪問ありがとう。
[PR]

by portocervo1962 | 2012-10-23 20:23 | Costa Smeralda


     L'isola di ... >>