PORTO CERVO の人々

portocervo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 18日

Superyachtsの世界2

c0223843_1755258.jpg
さて、先回の続きです。
少しここでヨットデザイナーについてお話しておきたいと思います。

ヨットデザイナーと言えば、やはりオーストラリア出身で1952年にロンドンに移り、ロンドンの南西部にあるChelsea(チェルシー)にヨットデザインスタジオ・スクールを構え、1960年代からの40年間の間に200隻以上のヨットの設計を手掛けた
Jon Bannenberg(ジョン・バンネンベルグ)(1929-2002)の存在を忘れてはならない。
c0223843_18423532.jpg
Jon Bannenbergの設計したヨットはアメリカの建築家Frank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)のヨットのようだと表現されたのは有名な話で、またデザインスクールがチェルシーにあったことから別名チェルシー大学とも呼ばれていた。
Bannenbergデザインスクールからはたくさんの有名なヨットデザイナーを輩出していることでよく知られており、Jon Bannenbergの教え子たちは現在ヨットのトップデザイナーとして活躍している。
c0223843_1902424.jpg

そして現在は息子のDickie Bannenberg が父親の跡を引き継いでデザイン事務所を展開している。
Bannenberg&Rowell design

まず教え子の一人にはあのロシアの石油王Roman Abramovichの全長115mのメガヨト"Pelorus"の外装デザインを手掛けたTim Heywood(ティム・ヘイウッド)
今までにも数々のSuperyachtの賞を獲得しており、もちろんTim Heywoodのデザイン事務所もロンドンに拠点を置いている。
c0223843_19263433.jpg

Tim Heywoodは今や一番人気のヨットデザイナーで特にドイツのブレーメンにある現在4代目に当たる家族経営のドイツの造船所Lürssen(ルーセン)とよく組んで仕事をしている。
Lürssen造船所は海軍船や特別仕様の船等の設計、造船をしており、また世界の大富豪のカスタムSuperyachtの建造でもよく知られていて110フィート(34m)~492フィート(150m)クラスの世界で最も大きくて素晴らしい豪華ヨットを建造している造船所である。
c0223843_20471620.jpg
世界で最も美しいヨットと言われているPelorus  
◦Builder / Naval Architecture: Lürssen
◦Exterior Styling: Tim Heywood
◦Interior Design: Terence Disdale


教え子の2人目には全長133mのメガヨット"Al Mirqab"の内装デザインを手掛けたAndrew Winch.
c0223843_2153498.jpg
Builder: Peters Schiffbau
Architect: Kusch Yachts
Stylist: Tim Heywood
Interior: Andrew Winch


Andrew Winch は2009年にメガヨット"Al Mirqab"の内装インテリアの賞を受賞している。
メガヨット"Al Mirqab"のオーナーはカタールの首相兼外務大臣のハマド・ビン・ジャシーム氏の所有のものである。
c0223843_21475743.jpg
                Andrew Winch

またAndrew Winch は特別装備の個人用ジャンボジェット機ボーイング787ドリームライナー一億5000万ドル(180億円)の内装デザインを手掛けた事でも知られている。
Andrew Winch Designs

そして3人目の教え子にはRoman Abramovichが所有する5つのメガヨット

Sussuro(1998) 164ft(50m)
Le Grand Blue(2000) 370ft(112.8m)
Pelorus(2003)(2007) 377ft(115m)
Ecstasea(2004) 282ft(86m)
Eclipse(2009) 533ft(162.5m)


これらの中の"Le Grand Blue"以外のヨットの全ての内装デザインを手掛けているのがTerence Disdale
彼もまたロンドンにデザインスタジオを置きTim Heywood Andrew Winch たちからかなり影響を受けたとインタビューで答えている。
また2010年の世界で一番大きいメガヨットに選ばれた"Eclipse"(162.5m)の外装デザインも担当したのは
Terence Disdaleである。
c0223843_22262586.jpg

多くのヨットの設計者はあまりにも従来からのクラシックで正統なスタイルに固執しすぎていると語るTerence Disdale
Terence Disdaleのデザインするスタイルはカジュアルでありながらシックでモダンなスタイルを生産することで新しい世代の富裕層からもかなり定評がある。
c0223843_23573067.jpg
Eclipse
◦Builder / Naval Architecture: Blohm & Voss
◦Exterior Styling:Terence Disdale
◦Interior Design: Terence Disdale


確かにTerence Disdaleによってデザインされたヨットの内装インテリアは従来のヨットの重々しく荘厳なイメージとは一線を画し、まるで都心の一軒の家の中に住んでいるような錯覚に陥るようにヨットと室内インテリアが一体化していて、ヨットの中に居る事を忘れてしまうほど居心地の良い空間を作り上げてくれるとRoman Abramovichの絶賛している。
実は私も個人的にもTerence Disdaleの内装インテリアデザインが好きでかなり注目しています。
Trence Disdale Design

私の夫のクライアントZ氏もすでにメガヨットをオーダーされておりまして、ビルダーは今注目のBlohm & Voss (ブローム・ウント・フォス)、外装デザインはTim Heywood 、内装デザインはTerence Disdaleです。3年後の完成を非常に楽しみにされております。
次回もSuperyachtsのお話が続きます。




いつも訪問ありがとう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
[PR]

by portocervo1962 | 2010-12-18 00:28 | Costa Smeralda


<< Superyachtsの世界3      Superyachtsの世界1 >>